一生稼げる「ネットビジネス」とは?

期間限定!3大無料プレゼント中。

やりたいことを見つけるヒント(後編)

独立起業の道のり

④4つ目は、

「嫌いなこと、いやなこと、やりたくないことを思いつく限り出す」

です。

 

これはやりたいことを見つけるヒントの①~③でやったことと逆ですね。

やりたいことがよくわからない人は、なかなかやりたことをちょっと考えただけだと
パッと出てこないことがあります。

そんな時は、逆に「嫌いなこと、いやなこと」
を考えてみるといいかもしれません。

 

嫌いなことを出していって、
その嫌いなことを排除した状態、環境、自分になった時、
何かが見えてくるかもしれません。

 

 

⑤5つ目は、、

「とにかくワクワクに従ってみる」

ということです。

それがわかんないからこの記事読んでるんじゃん!
とツッコミをしたくなるかもしれませんが、

本当に小さなことでいいんです。

 

例えば、
「今日はこっちの道から駅に行ってみようかな」
とか
「ちょっと贅沢して好きなパスタに温玉とベーコンを追加で頼もう」
とかそういう些細なことからワクワクする感覚に従ってほしいんです。

 

実は、そのような小さなワクワクを積み重ねていくと
段々と大きなワクワクが見えてくることがあるんです。

 

今ワクワクするものを選択しつづけると、
それが大きなワクワクにつながっているんです。

なので、小さいことでも、自分がちょっとテンションが上がるような、
ワクワクする方を選択してみてください。

 

 

⑥6つ目は、、

「やるべきことをやり切ったか?」

です。

一概には言えませんが、
やりたいことはやるべきことの後ろに潜んでいる場合があります。

 

やるべきことから逃げていてやりたいことだけを
探していると、ずっと見つからないことがあります。

まずはやるべきことをやりきってみてください。

 

例えば、仕事の例で行くと、
お金を稼ぐためにやっている仕事をやり切ったら、
本当にやりたい仕事が出てきた!

とかそういうこともあります。

なので、今一度やるべきことを中途半端にしていないか、
確認してみるのもおすすめです。

 

 

いかがでしたでしょうか?
いろんな角度から自分を見てみることで、
やりたいことのヒントがつかめるのではないでしょうか?

 

やりたいことを見つけるヒント(前編)はコチラです。