天職って何?どうやって見つけるの?

強み・才能

よく

「この仕事は私の天職です」

とかって聞いたことがあると思います。

 

「天職」ってなんなのか、というのはなんとなく皆さんわかっていると思います。

 

ざっくり言うと、

「自分にあっている仕事。」

 

いや、これではざっくり過ぎですね。。笑

 

恐らく、「天職」といった時に、大体の意味は皆さんがお分かりの通りですが、

もう少し掘り下げていくと、少しずつ考えているイメージや考え方が違うかもしれません。

 

いろんな考え方があっていいのです。どれが間違っていてどれが当たっているとかはないです。

 

 

私なりの「天職」の定義は、

”やりたいこと”+”向いていること”+”やるべきこと”=「天職」

だと思っています。

 

”やりたいこと”は、ズバリ、自分がやりたいことです。

 

自分がやりたいことをやっていると楽しいですし、時間を忘れて没頭したりするかもしれません。

とにかく、誰にやれと言われずともやりたいんです、それを。

 

 

”向いていること”は、自分の素質のようなものです。

 

例えば、

・周りが苦労していることが、自分は何の苦なしにできる

・そのことをするのが他の人よりも早い

・気づいたら、なんかリーダー的ポジションになっている

とかです。

 

就職活動では「強み」とか言ったりしますね。

 

 

”やるべきこと”は、○○するべき!のように書いてしまっていますが、

言い換えると、「今の世の中に必要なこと」とも言えます。

 

この”やりたいこと”、”向いていること”、”やるべきこと”がベン図的に全て重なった領域があなたの「天職」になります。

逆にこの3つのどれかが抜けていたら天職にはならないと思っています。

 

例えば、

”やりたいこと”と”向いていること”が重なっていても、それが世の中から特に求められていなかったら、それはただの趣味です。

 

”向いていること”と”やるべきこと”が重なっていてもそれがやりたくなかったら、稼ぐことはできるかもしれませんが、自分のやりたいことではないわけですから苦しいですよね。

でも、これで金銭的に成功している人は確かに割りといるかもしれませんね。

 

また、”やりたいこと”と”やるべきこと”が重なっていても”向いていること”が重なっていなければ、ちょっとなかなか仕事してやっていくのは難しいかもしれません。

自分はやる気満々で確かに世の中から求められていることだけれども、なかなかスキルが上がらないとかでしょうか。

 

 

いずれにしても、この3つの要素のどれかが欠けていると、なかなか充実感や満足感は得られないわけです。

いかにその3つが重なるポイントを見つけ、それを早く仕事として形にできるかが仕事を楽しみ人生を楽しむポイントでもあると思います。

 

自分を知るということですね。