「ジブン」を価値にする時代。

自然に儲かるビジネス構築法8ステップ

まずはSTEP1を見る

個人のキャリア&ビジネスにおけるターゲティング戦略

独立起業の道のり

ターゲティングとは、狙う顧客層を定めることです。

 

企業のターゲティングとは、自社の商材を売るターゲットを決めることを言いますよね?

まずは企業におけるターゲティング戦略を見ていきましょう。

ターゲティング戦略とは

セグメンテーション戦略によって細分化された市場について、どのセグメントを自社の顧客とするか?を決めることです。

ターゲティングには主に6つのパターンがあります。

1.単一セグメントへ集中
2.セグメントを選択して専門化
3.製品に特化して専門化
4.市場に特化して専門化
5.市場のフルカバー
6.関連する市場と製品で専門化

ここからはセルフマーケティングの視点から、自分をマーケティングする際にどう活用するか?を交えて説明していきたいと思います。
まず、ターゲティング戦略を個人に置き換えると、
・サラリーマンの場合は、就職する会社が顧客
・フリーランスの場合は、企業と同様狙うべき顧客

ということになると思います。

 

そして上記を踏まえて、
6つのパターンのターゲティングの考え方を見ていきましょう。

1.単一セグメントへ集中

これは、一つの製品と一つの市場にターゲットを絞る考え方です。
例えば、個人が就職や転職をする際に、Web広告会社に対して、「私はWeb広告に特化した人材です」と伝えていくということです。

 

サービスよりの話をすると、カウンセラーがトラウマを持っている人に対して、トラウマを解消させるカウンセリングをしていることを情報発信していくケースです。
ターゲットをしぼり、その情報を集中的に発信していく。

 

このメリットは、
・1点集中の専門家として見られるため、相手にとってもわかりやすい存在になれる
・自分が持っている資源を集中して活用できる

デメリットは、
・そのスキルや能力が市場的に必要でなくなってきた場合、衰退する

2.セグメントを選択して専門化

複数の異なる市場にターゲットを絞る考え方です。
企業で言えば、自社の理念や目的に合うならば業界関係なく参入するという戦略です。

 

これを個人に置き換えると、
先ほどのカウンセラーの例でいくと、その人は、「人の心が軽くなってほしい」という思いで仕事をしていたとしたら、トラウマを解消するだけでなく、心が軽くなるアロマテラピーを紹介したり、リラックス方法を指導したりすることが考えられます。

 

このメリットは、
ターゲットを分散できるのでリスク分散ができる

デメリットは、
・市場や製品が共通しないため、相乗効果が難しい
・専門家、特化した人材としての地位が確立しにくい

3.製品に特化して専門化

これは一つの製品で複数の市場をターゲットにする戦略です。

例えば、ダイエットサプリを売っている会社であればまだダイエットをしていない人や、まだダイエットを必要としていない人にも情報発信していくということです。

 

これを個人に置き換えると、自分の価値やスキルを特定の分野にしぼり、その分野を深く学んでいくということです。

 

このメリットは、
どの市場でも自分の価値が評価される可能性がある

デメリットは、
新しい技術やテクノロジーによってその価値やスキルが全く必要なくなってしまったら全滅する

例えば、誰でも必ずダイエットできるテクノロジーが開発されてしまったらダイエット市場を相手にしても、顧客から見向きもしてもらえなくなるかもしれないということです。

4.市場に特化して専門化

これは複数の製品で一つの市場をターゲットにする戦略です。
例えば、ダイエットでいくならば、色々とダイエット系の商材を取り揃えていて、ダイエットしたい人にいろんなダイエット方法を紹介して、それに合った商材をおすすめしていくという方法です。

これを個人に置き換えると、複数のスキルを持ち、それを特定の業界内で複合的に使用することで重宝されるケースです。

 

例えば、
・化粧品成分の知識
・流通業界の経験
があれば、どういう成分が入った商品を開発すれば流通しやすいか?
という複合的視点で化粧品業界に関われるので、重宝される可能性が高いです。

 

メリットとしては、
多様化したニーズに対応できる

デメリットとしては、
市場の動向に左右されるリスクがある

5.市場のフルカバー

これはあらゆる製品を提供し、全ての市場をカバーしていこうという戦略です。

これは膨大な資金を投入できる大手企業の戦略とも言えます。

 

例えば楽天はほぼ全ジャンルの商品を取り扱っていて、ターゲットも男性、女性、年齢も幅広いと思います。

個人をこれに当てはめてみると、スーパーマンになれということになるので笑、セルフマーケティング的にはこの考え方は採用はしないことをおすすめします。

何でもできて、誰にでも好かれて、どこにいっても重宝される人材と言うのはあり得ないので。。。

6.関連する市場と製品で専門化

こrはどういうことかと言いますと、ダイエットに興味がある人に、腸内改善サプリをおすすめして、ダイエットは体内からですよ!ということを伝えていくようなイメージです。

 

これも比較的資本がある企業が自社のマーケットに顧客を持ってこようとして行う戦略です。

 

例えば花粉症の人はたいていマスクや目薬、市販薬の市場に行きますが、
「いやいや、このパンを食べると花粉症が軽くなりますよ!」とあるパン屋がプロモーションを行うと言った感じです。

 

これを個人に置き換えるのはちょっと難しいですね。
個人単位で企業に対して「自分の考えを知ってくれ!そして、私はそのスキルを持っているから雇ってくれ!」と説得しなければなりません。

より精度を上げるための6R

ターゲティングを正しくおこなえているかどうかはこの6Rというチェックポイントを見ていくことが重要になります。

 有効な市場規模(Realistic Scale):十分な市場規模があるターゲットか?
競合状況(Rival):強い競合ブランドが存在しないターゲットか?
成長性(Rate of Growth):これからニーズが増えそうなターゲットか?
波及効果(Ripple Effect):口コミ波及の発信源となるターゲットか?
到達可能性(Reach):チャネルやメディアを通じて到達可能なターゲットか?
測定可能性(Response):アクションに対する効果が測定可能なターゲットか?

・市場規模は小さすぎないか

市場が大きいということはそれだけ魅力的ではありますが、競合も多くなるため、最低限の顧客を獲得できるターゲティングがいいです。個人の場合、コモディティー化したスキルを身につけても買いたたかれるだけなので、ある程度の数の企業が欲しがるスキルを持つことが重要です。

・競合は多くないか

競合が多すぎると比べられてしまい、給料を下げられたり交渉力が相手になってしまいます。

・市場に成長はあるか

市場が伸びているとその業界に参入している企業も人材に投資しますし、価値を高く評価してくれる可能性は高いマります。

・優先度は高いか

企業であれば、メディアが注目しそうな市場か?あたりを検討しますが、個人の場合ですと、自分が何かの専門家として認知される業界はどこか?を検討するイメージです。

・到達可能性に問題はないか

これは物理的にターゲットに商品が届くか?宣伝が届くか?ということです。個人の場合はあまり関係ありません。

・反応を測定することは可能か

企業の場合、なにかやったことにしてその効果を測定できるか?と言う話なのですが、個人の場合ですとその企業に入った際にフィードバックが適切になされてそれが今後の自分のキャリアに活かされるか?と言う視点かと思いますので、あまりここも意識しなくてもいいと思います。

です。

以上、ターゲティングについて見てきました^^


<期間限定>
豪華3大レポートを無料プレゼントしています。

日頃の感謝を込めて、通常有料で配布している以下のレポートを期間限定無料にてプレゼント中です。※期間終了後、無料ではなくなりますのでご了承ください。

①プチ起業(週末起業)アイデア大全
②成功している富豪がやっている最短で資産を作る考え方
③年収300万円のサラリーマンが35歳までに月40万円の不労所得を得た方法

メールアドレス宛にお送りしますので以下より申請してください。

豪華3大レポート受取りフォーム
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
独立起業の道のり年商億超えのマイルストーン
JIBUN PROJECTから更新情報を得る
JIBUN PROJECT[ジブンプロジェクト]

コメント