フリーランスの仕事を始めてみて~常駐編~

フリーランスで稼ぐ

いよいよ出社日になりました。

 

契約では週2回11時~19時の出勤になりました。

 

契約書関連の残念な感じはこちらからどうぞ。契約書の雛形もダウンロードご自由に^^
【契約書テンプレ付】フリーランスでの初仕事~契約書を読まずにサイン~

 

 

サラリーマンとしての会社を辞めてから、
初めてのちゃんとした出社と言えるかもしれません。

 

オフィスに入る時、かなり緊張したのを
今でも覚えています^^;

 

 

「おはようございます」

 

 

と入ると、従業員の人たちが、一斉にこちらを見ました。

 

 

 

誰??という顔をする人。
あーなんか話に聞いていた奴が来たのか?という表情の人。
仕事で忙しくてこちらすら向かない人。。。

 

 

 

という迎え方をされ、
どこに行けばいいかおどおどしていると、
部長が近寄ってきて、

 

「いすと机あればいい?」

 

と聞かれ、

 

 

とっさに

「あ、はい」

 

と答えると、

 

 

「席用意してあげて」

 

 

と従業員の人に指示をしてくれました。

 

 

この迎えられ方が正常なのか異常なのか
何とも前例のない自分には判断できないので、
よくわからず即席で用意された席に案内され、
そこに座りました。

 

 

みんなは何事もなかったかのように、
各々の仕事をすすめています。

 

 

「あれ、こんな感じ??」

 

と思いましたが、
みんな忙しそうなので、
しょうがないか・・と思い、

とりあえず自分のPCを出してセットアップ。

 

 

誰かオフィスの使い方などについて
案内してくれるのかな~なんて待っていたのですが、
一向に誰も近寄ってきてくれない。。。

 

「なるほど?フリーランスとはこういう感じ??」

 

と思いながら、
一人で淡々とことをすすめることにしました。笑

 

 

 

まずWifiのID・PASSの確認、
そして印刷機との接続、

これは隣の人に聞いて何とか完了。

 

 

「あれ、でも、契約書を交わした時に、よろしく!とは言われたがいいものの、
そもそも何すればいいんだ??」

 

 

恐る恐る部長の席に行き、

 

「あの、どんな感じで進めていくか、どうしましょう?」

 

と若干緊張気味に話をしました。

 

 

 

すると部長は

 

「あ、オレ含めて今みんな忙しいから
とりあえずお問い合わせが増えるようにしてもらいたい」

 

と、超ざっくりな回答が返ってきました。苦笑

 

 

 

私は
「あ、、、、はい、、、」

と言うしかなく。。。

 

 

席に戻り、10秒くらい呆然としていましたが、
我に返り、

 

「そうだ、僕はフリーランスとして仕事をするんだ。
フリーランスは自分で考え、自分で行動するのが当たり前だ」

 

 

と自分に言い聞かせ、
まずはどこから手を付けるべきかを考え始めることにしました。

 

 

つづく。

 

 

-フリーランス奮闘シリーズ-

フリーランスの仕事の取り方①~マネしないほうがいい編~

フリーランスの仕事の取り方②~紹介もらう編~

フリーランスの仕事の取り方③~相談に乗る編~

フリーランスの仕事の取り方③~相談に乗る編~

フリーランスになったけど、仕事ない。。~仕事探し編~

フリーランスの仕事を始めてみて~常駐編~

フリーランスの仕事の断り方は?仕事を選ぶ権利はあるのさ!

コメント