自分の強みで、月100万円稼ごう。

そして、年収3000万円を仕組み化する新・ビジネス講座

あなたの成功パターンは?

カンファレンスに行ってきたので、最新のSEOの話をば。

自分らしくお金を稼ぐ

私は一応Webマーケッターという肩書ももっておりまして、

BtoBでは、Web戦略のアドバイザーをやっており、
BtoCでは自社でメディアを運営しています^^

 

そのためにWebマーケティング周りは
常にキャッチアップしているのですが、

先日、Googleのアップデートがあり、
そのため、アフィリエイターが
非常に大きな打撃を受けました^^;

 

 

医療・健康アップデートがされたばかりで、
さらに追い打ちをかけられた人も、
自分のサイトは大丈夫だと思っていたけど、
今回のでやられたという人も結構いました。

 

 

以前のSEOからすると、
どんどん高度化してきており、
素人にとっては複雑化してきているのが
第一印象としていあります。

 

そんな中、真相を確かめるべく、
SEOのカンファレンスに参加してきました。

 

 

そこで知った概念やポイントをまとめましたので、
よろしければ参考にして下さい^^

 

・検索品質評価プログラムが大幅に改定された
・情報の信頼性が重視されるようになった
・高品質ページでも下落することがある
・ユーザーの検索意図は時間と共に変化する
・ページスピードが遅いページは順位が下がる
・過小評価されているページの順位を上げるために、アルゴリズム調整中

 

これらのヒントは
Googleの検索品質評価ガイドライン(http://static.googleusercontent.com/media/www.google.com/ja//insidesearch/howsearchworks/assets/searchqualityevaluatorguidelines.pdf)に書かれているのと、あとは特許文書に書かれています。

 

何が書いてあるかと言いますと、
すなわち、この話だと思いました。

 

 

E-A-T。

 

 

「食べる」の英語ではないですよ?w

 

E-A-T:Expertise / Authoritativeness / Trustworthiness

の略で、それぞれ専門性、権威性、信頼性です。

 

すべてのウェブサイトは、サイトのE-A-T値がいかに高いかを示すか、あるいはE-A-T値を高めるために何ができるかを明らかにする必要がある。

引用元:https://webtan.impress.co.jp/e/2016/02/29/22240

 

要するに、専門性、権威性、信頼性を担保するサイトが上位表示するということです。

 

でもこれは2,3年前から言われており、特に目新しい話ではないです。

 

じゃあ何が新しいのか?といいますと、
専門性、権威性、信頼性の根拠となる具体的な根拠が
特許文書から読み解けたということです。

専門性

・より多くの語彙を使って説明する
→専門家が使用して、素人があまり使用しない言葉は?

・一定以上のボリュームで書く

・他のページで使用されている語彙ではない、関連性の高い語彙を使用する

権威性

・同じ分野のサイトから被リンクを獲得している

・権威性の高いページからリンクをもらう

・著者、運営者情報を載せる(名前、電話番号、住所なども含めて)

・より多くの引用をする

・より多く引用される

信頼性

・指名検索が一定数ある

・滞在時間が長い

・CTRが高い

これを満たしているサイトが
今後上位を取っていくとされています。

 

 

もちろん医療健康分野に
アフィリエイターが挑むのは
リスキーではあることは変わりないのですが、

上記を意識してサイト構築を見直すのはいかがでしょうか?^^

 

これからのSEOについて詳しく知りたい方は、
LINEからメッセージ頂いたら答えますので、
以下よりご連絡下さいね^^/

コメント