一生稼げる「ネットビジネス」とは?

期間限定!3大無料プレゼント中。

ビジネス経験1年未満の僕が死ぬ気で新規事業をやってみた話【動機編】

自分らしい事業展開

今から10年以上前に僕は新規事業を初めて経験しました。

当時のビジネス経験は1年未満で、全くビジネスというものが分かっていないという状況です。
そんな僕が何を思い、新規事業に取り組み、結果がどうだったのか?
を記事にします。

焦る新卒1年目・・・このままじゃダメだ

新卒で入った会社は、某上場企業(8000人位いたような)でした。

諸々の事情がありベンチャーは辞めて大手に就職したわけですが、
入社してそうですね、1ヵ月以内に思った事

「ここでは、、ダメだ。。」
でした。

満員電車は嫌だ

社会人1年目、当然のように満員電車に揺られ僕はこんな事を思いました。

「こんな生活を定年まで続けていくの嫌だ」

まぁでも独立したいみたいな明確な意思もなく、
なんとなくこれは嫌だみたいに思いました。

ここでは嫌だと思った理由とは?

1つとして、上の層のビジネスレベルが低いと感じた点

当時ドラッカーなどの書籍を読んでいたのですが、先輩や上司がドラッカーやコトラーを知らなかったので驚愕でした。

まぁその業界ではあまり触れないのかもしれません。

2つ目として、若い方がコアとなる通常業務は出来るなと感じた点
その業界での日常業務は若い方が出来ると思いました。
そうなると年齢を重ねるほど、違う分野で卓越していかないといけないのですが、
それは厳しいな、、、と感じました。

3つ目として、居心地の良さです。
そうはいっても上場企業。
とても良い扱いをされます。その会社はパートやアルバイトも多かった為、
女性にモテます。

上司や先輩はモテてます。

このままいると、、、、、ダメになる。
そう思いました。

友人に誘われセミナーへ!そして退職

そんな中、友人に某セミナーを勧められます。

夏の出来事でした。

「おまえのやりたいこと、●●なんじゃない?」

当時同期との成長度合いに不安も感じていた事もあり、セミナーに参加。

そこで、、

「おぉー、これやりたい」

と思うようになります。

上場企業を7か月で退職

その業界を知るに従い、そっちがやりたいと思います。
まぁただ半年はやってみようと、その大手企業でも頑張ります。

ちなみに結構楽しかったんです。
人も良かったんです。

でもさっきも説明した通りで

「このままいると、辞めれなくなる」

「だったら、辞めちゃう方がいいのでは??」

自分の意思が強固とも思わなかったので、優しい環境にいると辞めれない。
そんな焦りがありました。

退職する

そんな感じの勢いで辞めちゃいます。

とりあえず、転職活動しないといけません。

その業界や他ベンチャーの転職活動を受けます(ここで他ベンチャーを受けてた理由は謎です)

そんなこんなで社会人1年目の年末は無職のまま過ごします。

スーパービジネスマンと出会う

そのセミナーを機に個人的には、その事業や業界に興味を持ち、
調べたり、お金を支払い参加したりします。

色々調べる中で自分でも知見がたまり、将来こんな未来があり、こんな事をしたいと漠然と思うようになります。

そんな中、年始に友人がすごい人がいるので会わせたいといいます。

土曜の昼に会う

土曜の昼に会うと、そのスーパービジネスマンはちょっと遅れます

スーパービジネスマン「あーごめん、ごめん、朝まで仕事してた、シャワー浴びてきた」

自分:「朝まで。。。」

その後寿司屋にいく

スーパービジネスマン「君はどんな事やりたいの?」

自分:「●●がやりたいです」

スーパービジネスマン「でもそれってさー、●●」

自分:「やばい、俺の2手、3手先をいっている。すげー」

スーパービジネスマン:「一緒にビジネスやろうよ」

スーパービジネスマン:「今、新規事業練っているから、うまくいったら正社員、潰れたらクビって面白くない?」

自分:「なるほど、、(いきなり正社員じゃないのね。。。)」

自分:「えっでも5社位内定があるので、ちょっと悩んでいいですか?」

スーパービジネスマン:「了解」

なぜかやることが決まり、新規事業に参画することになる

5社内定があり、数社は30万程度の打診もあり、新卒の僕は悩みます。

お金だとこっちだな、しかしやりたいことはこっち、、

これはアルバイトだからなー

友人はその会社の正社員だったのですが、いきなり電話がかかってきます。

友人:「●●(自分のニックネーム)、●●さん(スーパービジネスマン)会社でおまえくるって発表してるけどOKだしたの?」

自分:「いや、全くアクションしていないですけど・・・」

友人「もう決まったこととして、周知されているよ」

自分:「何、これがベンチャーの巻き込み力か・・・」

という事でしぶしぶ5社の内定を断り、新規事業をやることが決定するのでした。

まとめ

見ての通りの予期せぬ展開で最初の新規事業への参画となりました。

ちなみに営業マンとしての新規事業でしたが、当時営業経験は0でさっぱりわからないままの参画となりました。

その2週間後から開始される新規市場。

恐ろしい状況からの開始とはその時の自分は知る由もなかったのでした。

初めての新規事業シリーズ
1、ビジネス経験1年未満の僕が死ぬ気で新規事業をやってみた話【動機編】(この記事)
2、ビジネス経験1年未満の僕が死ぬ気で新規事業をやってみた話【実践編】
3、ビジネス経験1年未満の僕が死ぬ気で新規事業をやってみた話【結果編】

コメント