2回目の新規事業!ビジネスモデルが勝負の鍵を握る!

自分らしい事業構築

惨敗に終わった前回の新規事業。

1回目の新規事業

時を開けずに2回目をする機会がやってきました。
前回のスパンとしては1ヵ月~2ヵ月。

今回は転職活動中の合間の新規事業でした。

2回目の新規事業のきっかけは?

前回、自信を打ち砕かれた僕はまだ新規事業をする能力はないと判断し、
転職活動をしていました。

しかしその最中にふとしたきっかけで声がかかりました。

それは前回の新規事業で鬱になり辞めてしまった彼からでした。

彼「あの会社の話聞きました、終わり方とか最低にひどいじゃないですか?あんな環境で一生懸命に努力したのにあんまりです」

自分「まぁねーそうゆう事もあるよね」

彼「僕は今あるベンチャーの手伝いをしているのですが、●●さんなら実力あるので活躍できます。手伝ってくれませんか?」

自分「まぁとりあえず何もすることないのでいいよ」

そんなこんなで参画が決まりました。

オフィスは本当に雑居ビルの1室みたい

前回は、ある程度の規模の会社の新規事業でしたが、今回は創業して3ヵ月程度のベンチャーです。
それこそアパートの1室のような場所でスタートでした。

冷蔵庫のアイスがあったり、カップ麺があったりと、本当にベンチャーっぽいですね。

社長も当時自分より年下でした。

2回目の新規事業で学んだ事

今回の新規事業は転職活動中のつなぎのようなものだったので、
前回よりも稼働していないです。

テレアポなどはしてましたし、営業もしてましたが、前回のような熱はその時はもてませんでした。

ただ前回がマインドのようなものを学んだとしたら、今回は別のものを学べた気がします。

1、ビジネスモデル
2、創業時の社長の能力とマインド
3、創業時の会社の雰囲気
の3点です。

ビジネスモデル

その会社は今までにないビジネスモデルを展開していました。
現在は東証一部に上場しています。

当時は多少ビジネスモデルが違っていたのですが、その際の顧客の反応やテレアポのアポ率を知る事が出来ました。

一番は最初から狙っていたビジネスモデルではなく、やっていく中で変更させていった点、
そして社長自身が悩んだ上に、1回会社を手放そうとしていた点なども参考になりました。

ただこういったビジネスモデルが、なぜベンチャーにとってうまくいくのか?も理解する事ができました。

創業時の社長の能力とマインド

その社長とランチやmtgをする中で、マインドや能力も知る事が出来ました。

当時300円か400円のラーメンなどを一緒に食べたり、mtgの進め方や当時の彼が何をして、
どんな人材をそろえていたか?

そしてなぜその人材が必要だと感じたか?
そのルーツはどこか?などを後々理解することができました。

能力も当時は当然マルチスキルなどがあるはずもなく、あるスキルが相対比較で卓越している事なども理解できました。

創業時の会社の雰囲気

創業時の会社の雰囲気も知る事が出来ました。

私はMBAなども出ていて人材マネジメントや組織論も学びましたが、
当然創業当時の組織にそんなものはありません。

評価ツールもないですし、労務などもありません。

猛烈な情熱があるかというと、そんな事もなく、
みんな楽しそうにやっているといった所が正直な所でしょう。

ただ社長だけは常に事業の事を考えてきました。

破壊的イノベーションなんてあるの?

このサービスはもしかしたら、クリステンセンのいう破壊的イノベーションかもしれません。

最近、図らずとも狙って破壊的イノベーションを起こす人も多少なりとも出てきたイメージがあります。

しかし、1社目の起業となるとやはり偶然の産物といったことの方が正しいのではないかと思います。

もしかするとそういったことを正社員時研究に研究を重ねた方なら、1社目から可能かもしれませんが、あまり意識しなくてもいいんだなと思いました。

新規事業はここで一旦休息、組織人へ

この新規事業は、転職活動が終了しやめました。

守破離を学ぶべく、正社員に戻ります。

2回目の新規事業までで、借金はトータル100万程度だったかなという感じ

学んだという実感もなく、今回も惨敗だなーという自信のなさを感じていたかなーと思いかえします。

この経験がいきたと感じたのは、3年位先になってからでしょうか?

とりあえずここから2年間新規事業からは離れます。

続く

コメント