一生稼げる「ネットビジネス」とは?

期間限定!3大無料プレゼント中。

「障害」と「個性」の違いについて

強み・才能

ロータリー青少年指導者養成プログラムというものに参加させていただきました。

 

下は中学生、上は70代と、幅広い年齢層の方々と一緒に講演を聞いたり、ディスカッションをしたり、プレゼンをしたりと成長の機会がふんだんにあるプログラムだった。

 

 

2日目の講演。
車椅子で講演して回る、濱宮郷詞さんという方の話を聴いた。

 

壮絶なプロフィールはこちら!↓奇跡体験アンビリバボーでも再現ドラマ化される
http://www.kouenirai.com/profile/362.htm

 

プロフィールにもあるように、濱宮さんは肩から下がまったく動かない。握力もない。

 

その中で特に印象に残った話。

 

「五体不満足」でも有名な乙武洋匡さん。

乙武と濱宮さんの違いについて。

乙武さんは本の中で

「障害は個性だ」

と言っている。

 

「不幸ではなく、不便なだけだ」
と。

 

 

でも、濱宮さんは

「不幸だし、不便だ」

と言う。

 

乙武さんは生まれつき障害を持って生まれた。
だから「障害者になる」という経験していない。

だから個性と言い切れると。

 

 

でも濱宮さんはいわゆる健常者から障害者になった。
「障害者になる」という経験を経た。

ギャップを経験している。

 

 

つまり、濱宮さんいわく、心の持ちようが全然違うと言う。

 

例えば、自分の大事な人が何かのきっかけで重い障害を負ったとする。

そのときあなたは、
「それは不幸なことじゃないよ」
というなぐさめの言葉を本気でかけられるだろうかと。

 

 

難しい・・・