自己分析って何?(これから就職する人へ)

自己分析ってなんだろ?

 

とふと、思うことありませんか?

 

そもそも何で就活の時に自己分析をするのでしょうか。

自分も学生時代、就活を始めた頃はよくわかりませんでした。

 

でも、実際に社会人になり、事業を経営する立場になり一緒に仕事をする仲間を探すとなると、

 

「あー自己分析って大事だな」

 

と改めて実感しています。

 

 

一言で「自己分析」と言っても色々あると思います。

 

 

今回は、企業(面接官)の立場からの自己分析の重要性について。

 

企業(面接官)は面接にきた学生の「何」を知ろうと思って、色々質問するのでしょうか。

もちろん理由は様々だと思いますが、その理由のいくつかを見て行きたいと思います。

 

 

まずは、
「ちゃんと仕事をするか」
です。

 

・・・当たり前ですよね。

 

 

でも、その当たり前ができない社会人が結構いるんですよ。。。

もちろん仕事を全くしないということではなくて、

要は、しっかりと成長していく素質があるかどうかなんです。

 

 

仕事ができない人は正直会社のお荷物です。。

だから「この学生はちゃんと成長していってくれるか」

が大事なんです。

 

 

それを見極めるために面接官が知りたいのはその学生が、

 

「(何をやってきたかよりも)どう頑張って、どれだけ成長できたか」

 

です。

 

 

それを知ることで、この学生がどんなポイントに一生懸命になって、

どんな成長の仕方をしているかがわかり、会社に入った時の成長イメージが

描きやすくなるからです。

 

 

ということは、

 

「どう頑張って、どれだけ成長したかを振り返り、それを自分で認識する」

 

必要があるわけです。

 

 

それが自己分析をする1つの理由です。

 

企業がほしいのは、

「すごいことをやってきた」人ではなく、

「これから頑張りそう」な人を採用したいわけです。

なので、何をしてきたかよりも、どう取り組んできたかが大事です。

 

 

その思考プロセスも含めて知りたいのです。

そうすることによってその学生がどんな考え方で仕事に取り組むかが

想像しやすくなります。

 

 

面接を受ける側はそこをしっかりと客観的に話せるかどうかだと思います。

 

p.s.
今はSNSが発達していますよね。

ある企業では、面接にくる学生のSNSをあらかじめ調査していたりするみたいです。

 

SNSだと普段のその人が出やすく、

また交友関係やど友達同士でどんなキャラなのかなどもわかりやすいからです。

 

SNSへの投稿の際はちょっと意識したほうがいいかもですね。