一生稼ぎ続けられる力とは?

豪華4大特典プレゼント中

今すぐ無料で受け取る

人の評価と自分の人生は関係あるか?

人は自分のことを話したい生き物かと思います。
なんでだろう・・・。

 

自分のことをわかってもらいたい、認めてほしい、すごいって言ってもらいたい、ほめられたい。

その中にはナメられたくない、バカにされたくないなど、
恐れ、不安などのマイナスの感情も作用しているかもしれない。

 

確かに、お世辞ってあからさまにわかるものや皮肉交じりなものでなければ、ほめられてイヤな気分になる人はほとんどいないだろうし、そうやって言われることで、自分の考えていることややっていることを人に言われることで自分の中で「これで大丈夫なんだ」と確認したいのかもしれない。

 

とりあえず意識レベル、無意識レベルで理由があるのだろう。

 

そうやって人から評価されたり認められたりするから頑張れる面は大いにある。
いや、評価されたり認められたりすることを否定は全くしない。だって、実際自分も評価されたり認められたりすると(ものすっごく)嬉しいしw

 

でも一方で、それをモチベーションにするのはある地点にくると限界があるとも思う今日このごろ。
簡単に言ってしまえば、自分のモチベーションを外部に頼っているわけで。

 

 

相手がほめてくれないからやらないとか、ほめてくれるからやるとかだと正直もたないし、そうすると自分が何をやっているのか、どこへ向かっているのか、何をやりたいのかを見失う。

 

かなり偏った言い方をすれば、
じゃあ上司がほめるから、今やっていることが自分にとってマイナスになるかもしれないのにやるのか。
世間が「これは楽しい」ということをやれば自分は本当に楽しいのか。とかとか。。

 

素晴らしい成果を残した起業家の大半は最初、やっていることが周りから理解されなかったり、批判されたりしたかと思う。
でも、自分を信じ、自分のやりたいことをやり続け、結果を残しているのだと思う。

 

 

だから、相手がほめてくれるからとか、感謝してくれるからとかが先に来るのではなく、
まずは自分の胸に手をあて、「これをやりたいのか」「これは好きなのか嫌いなのか」を考えること。

 

そこからもっと抽象度を上げていくとすると、
「自分の使命は何か」
「一度きりの短い人生で何ができるか」
というステージになっていくのだと思う。

 

 

そして、相手の役に立つこと自体が自分の喜びになる境地に行くことが自分のためでもあるし、本当の貢献心なのだと思う。
そこまでいくと、いい意味で周りの評価が全く気にならなくなるそうな。