自分の強みで、月100万円稼ごう。

そして、年収3000万円を仕組み化する新・ビジネス講座

あなたの成功パターンは?

フリーランスの仕事の取り方①~マネしないほうがいい編~

こんにちは!うだです。

 

私は新卒で入社した会社を半年でやめてしまい、
そこから約3年フリーランスとして仕事をしてきました。

 

その時の超現場主義でお送りする失敗談と
今だからわかる解決方法を述べていきます^^

 

 

 

フリーランスになってから約3ヵ月、

 

朝から晩まで仕事をしているのに
無収入でした。。。。

 

その3ヵ月無収入状態の後、
「見栄」や「プライド」をかなぐり捨て、何でも屋を開始。

なぜ3ヵ月無収入だったのか?
何でも屋って何してたの?

自己紹介に書きましたので、興味があればどうぞ。

 

 

 

何でも屋を始めてから2週間後、
フリーランスになってからの初報酬!!!!!

 

3000円。

 

 

安っ!!!!!

 

 

 

でもめっちゃうれしかったんですよ!!

 

なぜって、

初めて「自分」という商品を売り込んで、
それに対して対価を払ってもらったという実感は
今でも忘れられません(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

それで、どうやってその仕事をとったのか?
からまずは手始めに紹介しますね!

 

 

 

といても、これ、今考えればホント怪しい人MAXなので、
これ自体はあまり参考にしないほうがいいですよ・・・苦笑

 

 

まずタウンページを開きます。
(あの、公衆電話の下とかに置いてある、分厚い電話帳みたいなやつです。)

 

「んー、今日はココ!」

 

 

と言いながらテキトウにページを開きます。

 

 

そして、開いたページの上から片っ端から電話をかけていきます。

 

「あ、あの今しがた独立した〇〇と申しますが、
そちらの会社で困っていることで、かつ私にもできそうな仕事があれば、
是非手伝わせてほしいんです。

報酬は私の仕事ぶりを見てから決めて構いません!」

 

 

 

 

おいおいアホか??

 

と思った方!!!!

 

 

 

 

はい、アホデス。笑

 

当然、怪しまれることがほとんどで、

 

「いたずら電話ですか?」

「意味が分からないので切らせて頂きます」

 

と言われて、だいたいあっけなく終了。。。

 

 

 

でも時々、面白がってくれる人がいて、

 

「へー、じゃあとりあえず来て!」

 

と言ってくれたりしました。

 

 

 

その時は駆けつけていって、
一生懸命やってほしいことをしました。

 

 

 

 

その一生懸命さが伝わるのか、
お願いされた仕事をやり終えた後は、
だいたいご飯に連れて行ってもらえたり、
他の人を紹介してくれたりしました。

 

 

ご飯に連れて行ってくれた時には、
必死に色々とビジネスのことを質問しまくりました。

 

 

そんな前のめりな人は珍しかったらしく、
それをまた面白がってくれて、
知り合いの社長を紹介してもらえたりし、
どんどん人脈が広がっていきました。

 

 

 

怪しげな電話攻撃が
まさか、こんな社長たちの人脈にたどり着くとは、
思ってもみなかったのですが、
まずは行動してみることですね!!

 

 

 

 

あ、当然、上に書きましたが、
ほとんどは怪しまれてそのままガチャン!と
電話切られてい・ま・す・か・ら❤

 

 

 

 

それでもめげずにやってみて
今ではいい経験ですし、

 

ここから私のフリーランスライフが始まったといっても
過言ではないので、

 

はじめてのおつかいならぬ
初めてのフリーランス。

 

 

 

 

はい、よくわかりませんね。笑

 

 

 

でもとにかく
この経験が自分のベースになっていることは
間違いありません^^

 

 

あ、ただ、
これを真似したほうがいいとは
一切思っておりませんで、

 

これはあくまで私の
アホウで未熟な時に
考え出した方法なわけなので。。。

 

 

 

 

ただ一つ思うのは、
プライドとか見栄とかを捨てたときに
見える世界、出会える世界はあると思います。

 

 

かっこ悪いかな?
周りにどう思われるかな?

 

と年を取っていけばいくほど、どうしても
そういう気持ちは出てくるものです。

 

 

でもそれを一旦横に置いておいて、
行動するのも面白いかなーとは思います^^b

フリーランスの仕事の取り方①~マネしないほうがいい編~

コメント