一生稼ぎ続けられる力とは?

豪華4大特典プレゼント中

今すぐ無料で受け取る

「メンバーの才能を開花させる技法」を読んで

強み・才能

備忘録がてら書いておきたいと思います。

 

リーダーには「消耗型リーダー」と「増幅型リーダー」がいて、
消耗型リーダーは自分の知性におぼれてメンバーを低く見て組織にとって大切な知性と能力を損なう。
増幅型リーダーは、天才を作り、メンバーの知識を引き出す。組織の中に集合知を築く。

とあります。

 

たしかに消耗型リーダーのもとでは常にマウンティングを取られているような気がして、自己概念も上がらないし自分に自信も持てないですよね^^;

 

そして増幅型リーダーは5つの習慣を持っていると書いてあり、
①才能のマグネット・・・人材を引きつけて、その才能を最大限発揮させる
②解放者である・・・最高のアイデアを求める
③挑戦者・・・難しい課題に挑戦させる
④議論の推進者・・・議論を通して決定する
⑤投資家・・・責任を明確にする

 

とにかくメンバーの才能を最大限発揮できるような環境を整える。

そして、メンバーを前面に押し出し、自分が話すよりも聞き、チャンスを平等に与えること。
そして「結果」よりも「努力」を求めることだそうです。

 

これは私もへ~と思ったのですが、結果よりも努力なんですね。
この本曰く、結局努力を求めることで結果的に成果を出すことが多いそうです。深い!

 

そして投資家マインドを持ち、リーダーを育て役割を広げていくことが大事だそうですね。

解決はメンバーの力でするようにと言うのも大事ですね。

 

自分のビジネスを半自動的に回すという意味でもメンバーの成長は必須ですよね^^

私もここは結構苦労してきました。。。なので、この話は身に沁みますね^^;

コメント