一生稼げる「ネットビジネス」とは?

期間限定!3大無料プレゼント中。

学生に社会人が言う”あるある”

独立起業の道のり

学生と社会人、正確には「典型的なサラリーマン」との違いってなんだろう?

いろいろあると思いますが、1つは、会社視点で物事を全て考えてしまい、自由な発想や枠にとらわれない学びが減ってしまうことかなと思います。

 

いかに売上を伸ばすか。
クライアントとの関係。
上司に怒られて悶々としている。
毎日のルーティンのめんどくささ。
・・・・・

 

日々をこなす毎日になりがちになるのかもしれないなと。

週5で日々に忙殺されながら仕事をしていると、仕事のことがなかなか頭から離れません。

だから、意識的に気分転換や新たな思考回路を発掘していかなければならないと。

 

 

よく
「学生時代にしたいことをしといたほうがいいよ」

と言うけれど、

 

逆に

「社会人になったらしたいことはできないよ」

ということで、
そう思い込んで社会人になるから悪い意味で気持ちが切り替わってしまい、

 

”したいことはできない、しようと努力しない”
ということになってしまい、
結果、会社という流れに飲み込まれてしまうのでは・・・。

 

 

だから社会人になっても不自由人にはならないこと。
ありのままの自分で居続けること。

 

だって、自分は過去の自分の延長線上だから、

 

学生時代と何も変わらない。

変える必要もない。