”本来の自分”を生きるプロジェクト、一緒に始めませんか?

自分の才能&エネルギーを完全発揮して、経済的自由と精神的豊かさを探求するメディア

まずは運営者がどんなヤツか知る

精神的に楽な仕事なんてない?実はあることが判明

お役立ちコラム

毎日の仕事は、大変ですか?
日々働いている中で、精神的に身体的に、様々な負担を感じてはいませんか?

 

社会人は一日の多くの時間を仕事に費やすため、そこでストレスを感じていると、心身ともに疲労がたまっていきます。困難を乗り越えた先に大きな達成感を味わえるなら、苦労が報われてやりがいを感じることもできるでしょう。

 

しかし、仕事を「つらい」と感じるだけなら、やる気も失せて、楽な仕事に逃げたくなる気持ちも出てくるかもしれません。

 

実際、「仕事」を広くとらえると、精神的にも身体的にも「楽な仕事」は存在します。“楽な”という表現に抵抗感があるなら、“負担の少ない”と言い換えてもいいでしょう。

 

この時、重要になるのは「適性」です。性格、資質に適していれば、他の人にはつらくても自分には向いた仕事なのです。そのため、自分の適性や得意・不得意を知ることが、充実した仕事と向き合うための秘訣といえるでしょう。

 

ここでは、多様な仕事を紹介しつつ、自分の適性を見極める大切さを見ていきましょう。

精神的に楽な仕事なんてない?

―実は、あるのです。

 

古い言葉ですが、「職業に貴賤(きせん)なし」という表現があります。これは、どんな仕事も社会に必要とされており、その質に上下はないから全て同じく尊いとみなされるべきだとする考え方です。

 

確かに大前提として、仕事内容に優劣をつけるようでは社会人として褒められたものではないですね。

ただ実際、長年にわたって働いていくのですから、仕事でストレスを抱えないように心がけることはとても大切であり、自分を守る術であるともいえます。

「精神的に楽な仕事」とはどのようなものか?

では、「精神的に楽な仕事」について考えてみましょう。“楽”とは、その人にとってストレスが少なく、仕事をすることに抵抗感がほとんどない状態。要は「自分にとってどうか」がポイントなのです。

 

そこで、自分に適した仕事を掘り下げていく前に、一般的に言われる「精神的に楽な仕事」の内容を見ていきます。どういう観点から“楽”と見なされるのかを知ることで、それらの仕事に対する理解が深まり、自分の向き・不向きも判断しやすくなるでしょう。

「精神的に楽な仕事」の要素

人によって顔や性格が違うように、好みや得意・不得意もまた異なります。ただし、感じ方の大小はあるでしょうが、傾向として何かを“楽”ととらえる時、それなりに納得はできるものです。

 

例えば、次から次へと納期に追われたりしなければ、これは“楽”な状態の1つです。自分のペースが保てて、安定的に質の高い仕事が実現できるはずですから。

あるいは、残業がまったくないならば、オンオフの切り替えがきちんとできて“楽”です。仕事以外の過ごし方が充実させられて、メリハリのある生活を送ることができるでしょう。

「精神的に楽」と言われる職業

精神的に楽な職業の代表的なものを、特徴別にご紹介しましょう。仕事内容の側面を知ることで、自分との接点が見えてくるかもしれません。

 

しかし、どんな仕事にも言えますが、「不測の事態」がいつ発生するかわかりません。例えどんなに単調な軽作業をするとしても、「○○になったらどうするか」と、ある程度の危機感を持って心構えをしておきましょう。

 

(1)ルーチンワークで対人ストレスも少ない職業

・新聞配達
・工場でのライン製造
・同じルートを回る営業

基本的に毎日決められた業務を行うルーチンワークなので、人との接点が少なめの職業です。異動や配置転換もあまりなく、黙々と同じことを行いたい人に向いています。

限定的な人間関係の中でのやりとりが中心のため、対人関係が苦手な人にも適しています。資格は不要で、年齢制限も緩いなど間口の広さが特徴です。

 

反対に、新しいことに日々チャレンジしたいような積極的なタイプは、こうした仕事は耐えられないかもしれません。

またコミュニケーションが好きな人、同じことを決められた通りにこなすだけの繰り返しに抵抗感があるならば、大きなストレスを抱く原因になってしまうでしょう。

 

(2)時間に追われることのない、ゆったりとした職業

・警備員
・ビルメンテナンス、マンション管理
・在宅ワーク

こうした職種は管理、監視といった“見る・見張る”ことが中心の仕事です。しっかり手を動かして何かを生産するわけではないので、営業的なノルマは発生しません。

時間に追われず、身体的なゆとりがある仕事といえるでしょう。

 

在宅ワークも、作業を都合のいい時間に設定できる点で、同じカテゴリーと見なせます。

最近クラウドシステムの認知度が上がってきたことで、ライターやデザイナー、プログラマーなどが、家に居ながらにして自分のタイミングで仕事ができる環境も広がっています。場合によっては高収入も可能なので、精神的な不安が解消される例も出てきています。

 

効率的に時間を使いたい人には向いた職業です。しかし、自らの手で作業することが好きな人、自分で時間や仕事を管理することが苦手な場合は、大変な面が多いかもしれません。

 

(3)将来の不安が少ない職業

・公務員
・インフラに関わる企業勤め
・技術系専門職

企業に属することで、一定の安心感を持って働けるのは確かです。社会的に名の知れた大企業なら、なおさら。どの会社の社員になるかによって、将来に抱く不安の度合いや仕事のやりがいの大きさは変わってくるのでしょうね。

 

公務員が金銭的に安定した仕事なのは、誰もが認めるところです。また、電気・ガス・水道といった生活を支えるインフラに関係する企業も、比較的安定しています。

あるいは医師・看護師・薬剤師などは、代わる人のいない特別な資格やスキルを持った専門職なので、職を得られれば高い水準の報酬が約束されています。

 

特に専門職は、資格を取得するまでは大変な道のりになり、当然ハードルも高いです。ただ、業種によっては有資格者の数が飽和している状態のものもあり、「資格はとったが職につけない」といった状況に陥る危険性もあります。

 

専門職に魅力を感じて、何か資格を取ろうと考えるなら、今後どのような業界が発展していくか、能力を発揮できる舞台があるのかなどを、きちんと調べておきましょう。

自分にとっての精神的に楽な仕事を見つけるには?

当たり前ですが、「楽な仕事」を見つけるには、自分は何をしたら“楽”が得られるかを考えないといけません。

精神的に、または肉体的に負担の少ない仕事は何か。もっと言えば、どんな仕事を楽しいと思えるか―。そのためには自分をよく知る必要があります。

 

“楽”と感じる内容は人によって違います。

しかし自分を知らないと、本当は今の仕事に適性があっても、それを知ることも発揮することもないままに終わってしまうこともあります。そして「向いていない」と早急に判断して、悪い印象だけを残してやめていくことにもなりかねないのです。

 

今つらいと思っている仕事も、実は見方を変えれば向いているかもしれない…。それくらいフラットな気持ちで、まずは自分をもっと知ることに取り組んでみましょう。

自分の特性、仕事における向き・不向きの見極め方

向いている仕事を見つけるにあたっては、性格や得意・不得意、特技や趣向など、様々な要素が絡み合ってきます。

ただ、自分を客観的に見るのはなかなか困難なもの。また目で見て確認することのできない不確かな部分なので、確固とした判断も難しいでしょう。しかし、例えば以下の基準は1つの目安になります。

 

①仕事の上達スピード
②仕事から得られる満足感や達成感
③仕事に対する成長意欲
④仕事の時間以外の行動習慣

 

これらの度合いの大小で、ある程度は仕事の向き・不向きを見分けることができます。①~③は上達が遅いとか、得られる喜びややりがいが低いなら、向いていない可能性は高いです。

④は仕事とオフのバランスに関するものですが、休日などに何もすることがないとしたら、生活サイクルを見直すきっかけとしても有効です。

 

つまり、自分の日常や特性を掘り下げることは、仕事以外の面でも役立つのです。仕事に費やす時間はとても長いですが、仕事だけをしているわけではありません。

 

「仕事以外の自分はどうするか」に向き合うことは、これからの自分の人生に自信をつけることであり、ひいてはストレスへの耐性を高めることにもつながるのです。

 

自分にとっての「楽な仕事」をチェック
「楽な仕事」の種類 楽なポイント
・精神的ストレスが少ない ・人と関わらない
・ノルマがない
・責任がない
・忙しくない
・自分の好きな仕事である
・自分のペースで仕事ができる
・肉体的ストレスが少ない ・座って仕事ができる
・残業がない
・危険じゃない
・ルーチンワーク ・マニュアルどおりの対応でOK
・勉強しなくてもOK
・労働条件がいい ・定時で帰れる
・ライフワークバランスが充実する

ストレスの少ない仕事ランキング!一番“楽な”仕事は?

楽な仕事の条件とは

一般的に楽といわれる仕事(職業)の条件をまとめると、次のようになります。

【肉体的に楽な仕事の条件】
・立ち仕事なし
・労働時間が短い
・定時であがれる
・ノルマなし
・夜勤なし
・危険が少ない
・公休通りに休める
・有給が取得しやすい

これらを満たす仕事内容は体系的には、月曜~金曜勤務で定時あがりの週末の週休2日制。

業務の面では、ルーチンの多いデスクワークか決められた軽作業でノルマなし、といったところでしょうか。または「投資不動産や印税などの不労所得で暮らす」という手段ですね。

 

【精神的に楽な仕事の条件】
・競争がきつくない
・転勤なし
・一人で仕事に向き合える
・マニュアル通りの対応で可
・接客や電話対応の必要がない
・福利厚生が充実
・人間関係が円滑、円満
・給料が安定している

こうした条件から考えると、「デスクワークや軽作業がメインで、電話、接客対応の必要がなく、決められた業務をこなしていればよい正社員」が精神的には楽だといえます。

また自分の得意分野の業務や趣味、特技が活かせる内容だと、精神的には楽しく仕事ができることでしょう。

 

必ずしも「肉体的に楽なら、精神的にも楽」というわけではありませんが、心身に“負担のかかることが少ない”状態が“楽”をもたらし、“この先も負担が少なそうだ”という安心感が、ストレスを遠ざけるともいうことができます。

注目のランキング発表!!

それではランキングの発表です。「肉体的に楽な職業ランキング」「精神的に楽な職業ランキング」のそれぞれ1位から25位までをご紹介しましょう。

肉体的に楽な職業ランキングベスト25

1位:資産家
給与:数万円~数億円(年収)

仕事内容:何もしなくてもお金が入ってくる、心と体に優しい職業。もちろん不動産や株などの資産を持っていることが前提なので、誰もがなれるわけではありません。

その道のりには多くの努力が必要なこともあり、環境が恵まれている必要もあります。厳密に言えば、資産家は「資産を持っている人」なので、資産を元手に何かをなす形が仕事にあたるのでしょう。

 

2位:天下り職員
給与:約1000万円(年収)

仕事内容:官公庁の官僚などの公務員が、勤務した行政機関の関連団体に退職後に役員として再就職する立場です。口利きや斡旋といった役割を期待されるので、多少の精神的負担はありますが、日常的に行う業務は基本的にないので肉体的には楽な仕事といえます。

 

3位:専業アフィリエイター
給与:3万円~3000万円(年収)

仕事内容:アフィリエイターとは、自らのウェブサイトやブログに成果報酬型の広告を掲載し、広告主から収入を得ている人です。兼業の場合は、収入面では厳しいものがあります。

専業で取り組むとすると、高収入を得るためには精力的な活動が必要かもしれません。

 

4位:タバコ販売店の店員
給与:8万円~12万円(月給)

仕事内容:各種タバコやライターを扱う専門店舗での仕事です。自宅が店舗を兼ねている場合は通勤が不要。また来客時だけ対応すればいいので、それ以外の時間は何をしていても自由という気楽さがメリットです。ただ、増税などで、今後の「タバコ離れ」の動向によっては、将来的な不安は少なからずあるでしょう。

 

5位:you tuber
給与:0円~3000万円

仕事内容:you tuberは、独自に制作した動画を継続的に投稿し、再生回数に応じて得られる広告費を収入源とする人のこと。

体を張った動画を作る場合は大変なこともありますが、人を惹きつける奇抜さや話題性がポイントなので、頭を使った企画力があれば肉体的負担は少ないでしょう。

 

6位:シルバー人材センター
給与:8万円~12万円(月給)

仕事内容:就労時間は限定的で、できる時にできることをしてニーズに応えるため、シルバー(高齢者)にとっては時間を有効に使えて、やりがいも感じられることでしょう。

業務はイベントの駐車場案内や公園・施設の清掃などで、体を使うこともありますが、軽作業の部類といえます。基本的に年金生活なので、社会と接点が持てる点が仕事の魅力かもしれません。

 

7位:倉庫守衛
給与:14万円~17万円(月給)

仕事内容:倉庫の入口でトラックの出入りをチェックして許可書を渡したり、案内をしたりします。

勤務先によってはカギの管理や郵便物の収受などの雑務もありますが、トラックの出入りは特定の時間に集中するので、全体的には時間にゆとりのある仕事です。

 

8位:マンション管理人(不動産オーナー)
給与:9万円~15万円(月給)

仕事内容:マンションの管理人室にいることが多いです。入口で来客対応をしたり、共用部分を中心にマンション内の掃除をしたりするのが主な仕事。設備メンテナンスなどは管理会社の仕事なので、管理人がやるべきことはあまり多くないのが実情です。

 

9位:美術館職員
給与:15万円~33万円(月給)

仕事内容:民間や公立の美術館で働きます。資料の整理・保存、展示の準備・運営などにも携われます。受付や展示室に座っている時間が長いですが、環境は静かで快適。公立の美術館は公務員なので、給料はしっかりしています。

 

10位:セルフのガソリンスタンド店員
給与:12万円~20万円(月給)

仕事内容:セルフサービスの形態なので、給油や接客業務はありません。給油の方法を教えたり、混雑時には車を誘導したりするなどの仕事はありますが、ほとんどの時間は詰め所にいます。なお夜勤は危険物取扱者の資格が必要です。

 

11位:交通量調査員
給与:8000円~1万円(日給)

【仕事内容】特定の道路や交差点で、人の行き来や車の交通量を調べる仕事。座って延々とカウンターを押し続けることがメインなので、業務は何も考えずにできます。興味があっても、座りっぱなしがキツイ人はよく検討しましょう。

 

12位:高速道路料金所スタッフ(収受員)
給与:15~25万円(月給)

仕事内容:高速道路の料金所での勤務ですが、ETC積載車の増加で必要な人手は少なくなり、仕事量は昔より減っています。中高年の男性が多く、仕事は交代制。拘束時間は長いですが、肉体的にはそれほどキツくない仕事です。

 

13位:図書館職員
給与:12万円~33万円(月給)

仕事内容:図書館や資料館で、本の貸し出し・返却対応や資料整理、管理を行います。勤務する場所によって忙しさは異なります。人口の少ない地域だと1日に数人しか訪れず、来館者対応がほとんどないこともあります。

 

14位:書道家
給与:16万円(月給)

仕事内容:地域で書道教室を開いたり、イベントを開催したり作品を売ったりして生計を立てます。書への熱い情熱や高い技術を持った専門家であり、自分の特技やスキルが活かせる代表的な職といえます。

 

15位:古本屋
給与:7万円~12万円(月給)

仕事内容:古書を扱う書店を営む仕事。古物商の許可を得る必要があります。

チェーン店の台頭で、個人経営はなかなか厳しい現状かもしれません。お客さんが持ち込んだアイテムの査定や買い取り、値段のラベル貼り、会計業務などが主な業務です。

 

16位:占い師
給与:10~100万円(月給)

仕事内容:占星術やタロットカードを使って占いをする仕事。街角や特定の店舗で行うこともありますが、最近はインターネットや電話での占いがよく見受けられます。占いには何らかのパワー(?!)が必要ですが、座り仕事なので肉体的には楽といえます。

 

17位:コールセンター(テレホン)オペレーター
給与:24~30万円(月給)

仕事内容:商品やサービスに対するお客さんからの質問や問い合わせに電話で応える仕事。電話だけでの対応のため、服装も髪形もメイクも自由な場合があるそうです。

ただし、電話がいつどれくらいかかってくるかわかりませんし、厳しいクレーム電話を受けた場合は、心身ともに疲労することも多いようです。

 

18位:データ入力マン
給与:18~25万円(月給)

仕事内容:パソコンを使って文章や数字、データなどを入力する仕事です。パソコンがあれば自宅でもできるため、自由度は高い仕事といえますが、確実で速いタイピング能力が求められます。

 

19位:ネイリスト
給与:15~80万円(月給)

仕事内容:美容室やサロンでネイルケアを提供します。出張サービスを行うこともあるようです。技術が必要ですが、お客さんの喜ぶ反応が目の前で見られたり、美的センスが高められたりする、魅力を多く備えた仕事といえます。

 

20位:受付業務
給与:15~28万円(月給)

仕事内容:企業やビルの受付で来客対応をしたり、担当者への連絡や取次を行ったりするのが主な業務。

仕事量や質から見て、肉体的なつらさはあまりないですが、自然な笑顔ができ、丁寧で適切な対応ができる素養は必要です。

 

21位:一般事務
給与:18万円(月給)

仕事内容:会社や職種によって業務内容は異なります。デスクワークが中心で、資料作成やファイリング、来客対応などをこなします。残業もほとんどなく、肉体的負担は少ないといえます。

 

22位:ネットカフェ店員
給与:15~25万円(月給)

仕事内容:インターネットカフェで、受付対応やブースの清掃、オーダーされた軽食の提供などをします。曜日や時間帯によって忙しさは違いますが、多くがシフト制なので、希望の時間帯に働くことも可能です。

 

23位:大学職員
給与:22~30万円(月給)

仕事内容:事務仕事がメインで、窓口に来た学生の対応をしたり、相談に乗ったりします。残業もなく安定した給料がもらえるのがメリット。大学生が相手なので、“大人げない”トラブルはほとんどないといえます。

 

24位:パチンコ景品交換所
給与:7000円~1万円(日給)

仕事内容:パチンコ屋に隣接する景品交換所のスタッフです。景品を確認して渡したり、換金作業を行ったりするのが主で、比較的楽な仕事といえます。早番遅番の二交代制で、狭いながらもたいていの仕事場は冷暖房完備です。

 

25位:放射線技師(レントゲン技師)
給与:28~40万円(月給)

仕事内容:病院に勤務して、医師の指示でレントゲンを撮るのが放射線技師。思わぬ病気の発見にもつながる責任の重い仕事で、精神的なプレッシャーは大きいですが肉体の面では、医療職の中では楽な部類といわれています。

 

続いて、精神的に楽な職業ランキング1位~25位を見てみましょう。

精神的に楽な職業ランキングベスト25

1位:資産家
給与:数万円~数億円

仕事内容:資産家は肉体的にも、精神的にもストレスが少ないといえます。

確かに何もしなくてもお金が入ってくるのでしょうが、そうした状態に達するまでは結構苦労は多いかもしれません。

しかし、頑張ればその先に広がる喜びや得られるものはとても大きいでしょう。「資産家」という言葉の印象から受けるステイタス感も心をくすぐりますね。

 

2位:タバコ販売店の店員
給与:8万円~12万円(月給)

仕事内容:家業として営んでいて、家族や親戚が頼まれて店番をするケースが多いようです。時々、知人などに委託して、仕事として依頼するパターンもあるそうです。電子タバコのこれからの動きに注目することで、今後の営業展開は変わってくるのでしょう。

 

3位:専業アフィリエイター
給与:3万円~3000万円(年収)

仕事内容:自分で管理・運営するウェブサイトやブログに広告を掲載して、その利益を収入にしているのがアフィリエイターです。

広告を見た人が制約までたどりつくことを成果として、報酬を受け取ります。いかに効果的に顧客を導けるかの手腕にかかっている部分もあり、人の心理をかぎとる「嗅覚」も重要といえます。

 

4位:内閣府官房人事課辞令係
給与:50万円(月給)

仕事内容:国家公務員ですが、採用後は専門職として公文書、位記、辞令などの清書を行います。

例えば今の年号に変わる際、小渕首相(当時)が掲げた『平成』の文字もこの辞令係が書きました。高給料で、書道などの特技を活かせるやりがいのある仕事です。

 

5位:シルバー人材センター
給与:8万円~12万円(月給)

仕事内容:会員として登録し、高齢者(シルバー)が社会貢献を目的に、必要に応じて派遣される仕組みです。

「臨時」「短期」の仕事が多く、内容も軽い労働が主です。「しめ縄作り」などお年寄りにしかできない技術を発揮できる場もあり、いきがいを見つける場にもなっています。

 

6位:霊園管理事務所
給与:18万円~33万円(月給)

仕事内容:霊園内に設置されている事務所で仕事をします。事務作業や清掃、来園者対応が中心で、霊園という特殊な環境ながら、静かで時間に追われることなく働けます。公営の場合、事務員は公務員となるので、給料も安定しています。

 

7位:美術館職員
給与:15万円~33万円(月給)

仕事内容:美術館で働く職員です。資料の整理・保存、展示の準備・運営などに携わることもあり、専門的な知識や幅広い教養を身につけていれば、アカデミックな業務を満喫できる職種です。公立の美術館の場合は公務員になるので、給料の心配は少ないでしょう。

 

8位:施設警備員(夜警)
給与:18万円~25万円(月給)

仕事内容:施設警備のうちで、夜勤を専門に行います。人がいない夜間の業務なので、対人的なストレスはほぼないでしょう。不審者が侵入しないように見回り警備をしたり、監視カメラで監視をしたりします。誰もいない夜の建物が苦手だと大変かもしれません。

 

9位:マンション管理人
給与:9万円~12万円(月給)

仕事内容:通常、マンション管理は管理会社に委託されています。

管理人は、いわば管理会社に雇われた従業員。主に建物の入口で来客や訪問者の対応をします。

そのほかは、共用スペースを中心とした掃除や片付けなど。トラブル対応は基本的に管理会社にお任せなので、重責を担うことはありません。

 

10位:パチンコ景品交換所
給与:8000円~1万円(日給)

仕事内容:パチンコ屋の景品交換所の業務は、比較的負担の少ない仕事です。景品の交換や換金作業が中心。

早番・遅番の二交代制勤務で、仕事場はほとんどが冷暖房完備です。さらに防犯ガラスや防犯カメラも設置され、安全面も問題なし。

 

11位:自販機のみの酒屋
給与:5万円~7万円(月給)

仕事内容:酒類販売の認可を受け、自動販売機を設置するだけで営業を行う酒屋です。

接客の必要がなく商品の仕入れと補充、販売機の金銭管理が日々の業務。対人関係の煩わしさもないでしょう。自販機を設置できるような土地を持っていればチャンスです。

 

12位:文化財保護技師
給与:33万円(月給)

仕事内容:歴史的文化遺産などの保護に関わる業務を行います。教育委員会の文化財保護課で働きます。文化財保護技師の採用選考試験に合格する必要がありますが、地域の文化に関われるため責任感の発揮できる職種です。

 

13位:鵜匠(宮内庁式部職鵜匠)
給与:25~28万円(月給)

仕事内容:鵜飼といえば岐阜。同県の鵜匠は日本で唯一、世襲が認められた国家公務員でもあります。

生き物を相手にする特殊な業務で、肉体的に大変な部分はありますが、「文化の保護」という名目に携われる貴重な仕事。

 

14位:図書館職員
給与:12万円~33万円(月給)

仕事内容:地域の図書館などで、本の管理や来館者対応を行います。パートで働く場合は特に資格はいりませんが、図書館専門の資格を取得することで「司書」として働けます。

館の規模によっては来館者が多く、大変な時もありますが、理不尽なクレームを受けることの少ない安心して働ける環境といえます。

 

15位:クリーニング店のルート配送
給与:15万円~18万円(月給)

仕事内容:特定のクリーニング店に勤務し、専用トラックで配送と回収を行う仕事。運転や荷物の量にとって体力が必要なこともありますが、原則、仕事は既定の時間に決まった店舗を回るルーチンです。

 

16位:倉庫守衛
給与:14万円~17万円(月給)

仕事内容:倉庫の入口で、出入りするトラックの記録をつけて許可書を渡すのが主な仕事です。

また社員の出勤・退勤時に部外者が入ってこないように目を配ります。場所によっては日報の記入やカギの管理などもあるようです。

 

17位:雅楽師(宮内庁式部職楽師)
給与:40万円(月給)

仕事内容:皇居や宮内儀式で雅楽の演奏・演舞を行うのが雅楽師です。立場は国家公務員となります。

義務教育卒業後に養成機関に通って修業を積むことでなれる職業なので、思い立って急になれるものではありません。仕事は雅楽の演奏なので、精神的な負担は少ないといえます。

 

18位:フィルムコミッション職員
給与:18万円~33万円(月給)

仕事内容:地域活性化を目的に、様々な地域で精力的に展開されているフィルムコミッション。

映画やドラマのロケ地を提供し、撮影の協力をします。NPOや自治体が直営する形などがあります。エンターテイメントの創造に携われ、また芸能人を間近で見られるなどワクワクすることの多い仕事といえるでしょう。

 

19位:イベントスタッフ
給与:1000円~1500円(時給)

仕事内容:コンサートやイベントの会場設営・撤去を行うため、体力は必要な仕事です。

しかし単発の開催なので、ピンポイントで働きたい人には格好の仕事場。めったに見られない立場や位置でアーティストに接することもでき、活気にあふれている仕事。基本的には若い層が多く働いています。

 

20位:工場のライン工
給与:20万円~33万円(月給)

仕事内容:各種の工場で流れ作業のラインに加わって、部品の組み立てなどに従事します。製品は家電や自動車部品が多いです。

時間も固定されていて、ルーチン作業なので、人と話す状況もあまりなく、黙々と働きたい人に向いています。

 

21位:古本屋
給与:7万円~12万円(月給)

仕事内容:中古の本を売買するため、古物商の許可証が必要です。買い取り希望のお客さんの査定や、書棚の整理、会計業務があります。

週末や子どもたちの長期休み中は来客が多いなど、日によって忙しさに違いはありますが、本好きはストレスなく働けそう。

 

22位:大学職員
給与:30万円(月給)

仕事内容:各地の大学機関で生徒対応や事務仕事、広報活動をこなす、運営を支える業務です。

国立は国立大学法人の実施する試験を、私立は各学校法人が課す試験に、それぞれ合格しなければなりません。教育現場での仕事に興味がある人には、やりがいのある仕事です。

 

23位:農家
給与:14万円~38万円(月給)

仕事内容:野菜や穀物の生産に携わるので、地道な努力を積み重ねれば、収穫期には大きな達成感が得られるでしょう。

自然が相手のため天候の不安はつきものですが、人間関係に煩わされることはあまりないといえるでしょう。やり方によっては自給自足も可能です。

 

24位:ヨガインストラクター
給与:33万円(月給)

仕事内容:スクールやスポーツジムで、ヨガ独特のトレーニングや呼吸法を指導します。個々の生徒に合ったメニューを考えることが大事な作業の1つとしてあり、人と向き合うのが好きなら向いています。

精神的に楽というか、精神がリラックスする方法を伝授する立場なので、落ち着いた心で仕事にかかれるでしょう。

 

25位:受付業務
給与:22万円(月給)

仕事内容:受付の仕事は、来客対応や担当者への取次が主ですが、訪問者と最初に接する“会社の顔”なので、立ち居振る舞いや言葉づかいに気を遣う必要があります。

重責を担うことはないので精神的負担は少ないですが、常に見られていることを意識する大変さはあります。

究極の楽な仕事とは?

「肉体的に楽な仕事」と「精神的に楽な仕事」の上位ランキングを見てきました。お気づきのことと思いますが、両方にランクインしている仕事が結構ありますね。

専業アフィリエイター、シルバー人材センター、美術館職員、倉庫守衛など、その数は12でなんと約半分!心身ともに楽な仕事で、その上稼げるのなら、それを理想とする人は多いのかもしれません。

 

そして両ランキングで「資産家」がともに1位!しかし資産家になるにはお金がいるし利益を得るには、効果的に投資を行うなど戦略的な手腕も必要。

 

資産家への道は、ないわけではないですが、一朝一夕に結果が出ることはまれで、短期間で自分が望む状況を作り上げるのはなかなか大変といえるでしょう。

「自分を知り、特性を把握する」ことが楽に働くための最良の道

毎日の仕事が大変で、そこから逃げることが自分のためになるのなら、肉体的・精神的に楽な仕事を選ぶのは手段の1つです。なぜなら実際に、「精神的に楽な仕事」は存在するのですから。

 

ただ、その時、「自分に合っているか」を見極めることはとても重要なポイントです。楽な仕事でも、“他の人には楽しいが、自分にはストレスでしかない”場合があるからです。

 

そこには1人ひとりの性格や考え方が関わってくるでしょう。では、どのような「楽な仕事」が自分に向いているのかを考える際の、目安となる発想の流れを簡単にご紹介します。

 

「自分は仕事でどんな“楽”を優先するのか」

「楽しいこと?簡単なこと?早く帰宅できること?何も考えずに働けること?」

「ではなぜそれを優先するのか」

「自分は○○が好きだから。自分は□□な性格だから。自分は△△が苦手だから」…。

 

こうして掘り下げていくことで、やりたい仕事・やれる仕事がおぼろげながらも明確になってきて、自分の再発見にもつながっていくことでしょう。

 

多少時間がかかってもいいのです。

転職していった先で、これまでと同じような苦しい状況に陥るのを防ぐためにも、“自分を知ること”に真摯に向き合ってみてください。

 

世の中には実に様々な仕事があります。そして内容に難易度の差はあっても、すべての仕事が必ず誰かの役に立っているのです。

そんな思いも頭の片隅に置きながら、自分を見つめ、「自分が楽に働ける場所」を前向きに探していくことが、「本当に自分に合った仕事」を見つけられる最良の道といえるでしょう。

 

 

 

複数収入源のことやパラレルワーク、シークレットなセミナーなどの案内を送ってます^^
質問もLINE@から受け付けてます!

友だち追加
(ID:dxe7703v)

 

instagram(フォローしてね^^)

おすすめ情報

不労所得構築の情報まとめ>>

お金を稼ぐ方法まとめ>>

お役立ちコラム
マルチオーナーズをフォローする

私の年収1億円メンターから伝授された5つの秘密をシェアしています^^

海外をファーストクラスで飛び回っている、私のメンターでもある経済自由人から14日間一緒にアジア諸国を旅をしたときに伝授してもらった、<富を引き寄せ続けるための5つの秘密>をぜひ多くの人に知ってほしくて、7日間にギュッと凝縮して無料講座としてお届けしています!
 
これを伝授してもらった後、22歳で会社を辞めてしまった内向型性格の超凡人の私でも≪スキル・お金・人脈ゼロ≫から無理せず年商3億円にできたので、そのプロセスも公開してます^^
 
この講座に沿ってある程度しっかり学んで実践していただくと、ちゃんと効果が出る内容になっています。ホントです。
楽に一瞬で稼ごうとか、そういう話ではなく本質的に稼ぎ続けたい人にオススメです^^/ 
いつでも配信解除できますので、ぜひ興味がある方は最後までお付き合いいただければと思います^^
 
そして、無料通信講座に登録した方限定で、以下の4つのレポートを無料で差し上げています

特典①
プチ起業(週末起業)アイデア大全

特典②
ゼロから「富」をつくるノウハウ5つ

特典③
成功している富豪がやっている最短で資産を作る考え方

特典④
年収300万円のサラリーマンが 35歳までに月40万円の不労所得を得た方法

※名前の登録は不要で、メールアドレスだけ入力して 「登録」のボタンをクリックしてもらえばOKです。


ファーストクラス経済自由人になる5つの秘密<7日間集中講座>
メールアドレス  *
JIBUN PROJECT[ジブンプロジェクト]

コメント