”本来の自分”を生きるプロジェクト、一緒に始めませんか?

自分の才能&エネルギーを完全発揮して、経済的自由と精神的豊かさを探求するメディア

まずは運営者がどんなヤツか知る

【仕事/会社が辛い】しんどいストレスならコレが原因かもしれない

お役立ちコラム

仕事のことを考えると気分が悪くなる・・・
仕事がこわい、会社に行きたくない・・・
仕事がつらくて会社を辞めたい・・・

 

そんなことを思いながら、月曜の朝が来ると重い足取りで会社に出勤している人は、けっこう多いのかもしれません。

 

「ブルーマンデー」という言葉があります。別名“月曜病”ともいい、のんびり過ごした週末が終わった月曜日に、「また今日から1週間仕事か…」と考えて気が重くなるような状態を指します。

こうした思いは、仕事が好きな人でも感じるのですから、仕事が苦痛ならば、なおさらです。

 

いったい何がつらいのかを自分でわかっている人もいれば、自覚出来ていない人もいます。もちろん、つらい理由を理解しているからといって、それだけでは解決はしません。そして同じく、自覚出来ていないつらさも本人にしかわかりません。

 

確かに自分のせいで、つらい精神状態になっていることもあります。しかし実は今、置かれている環境が自分には向いていない。あるいは現在の仕事が適性と合っていない―。つまり、せっかくの才能がまったく生かされていないという場合もあるでしょう。

 

こうしたさまざまな要因からつらい状況になっている理由は、自分だけの問題ではないと考えるべきです。

そして自分を責めずに冷静になって、ここからの記事を読んで、今後の参考にしていただければと思います。

会社や働くのがつらい・苦しい時に読んでほしい

まずは会社を辞めたい、つらいと思う理由を確認していきましょう。

問題なのは仕事内容なのか、会社なのか、もしくはその両方なのかということが大きく関わってきます。

(1)職場の環境に問題がある

はじめに、職場の環境についての問題です。

職場内の環境に問題を抱えていて仕事がつらいと感じる人は、とても多くいらっしゃいます。

 

働場環境に存在する問題とは、ズバリ、次の2つです。

・長時間労働の多さ
・給料の少なさ

長い時間働くこと自体も苦痛ですが、それに見合う給料になっていないことは大きな問題です。

あるいは長時間労働はないにしても、自分の仕事ぶりや内容に対して給料が安いと感じられる場合も、仕事に対するモチベーションを維持することは難しいでしょう。

(2)上司のパワハラ・セクハラ

上司からパワハラやセクハラを受けている人は、本当に怖いし、つらいでしょう。正面切って「やめて下さい」と言うことで、かえって状況や関係が悪化してしまうケースもあります。

 

これは会社内での力関係や上下関係が厳しく、一人では何も出来ない場合がほとんどです。

 

代表的な要素は、次のようなものです。

・指示が状況に応じてよく変わる
・最初の指示と正反対のことを結果が出た後から言ってくる
・パワハラ、セクハラなど各種の嫌がらせを行う
・人には指示していることを自分で守っていない
・失敗は部下のせいにし、成功は自分(上司)の手柄にする

例えば、良かれと思って前もって相談をすれば「そのくらい自分で考えろ」、ならばと相談しないで自分で考えて行動すれば「勝手なことをするな」…。

こんなやり取りが続けば、誰でも嫌になりますし、積極的に行動できなくなりますね。

(3)お客様からのプレッシャー

仕事で接するお客様やクライアントとのやりとりも、内容にとっては心身が消耗してしまいます。

・高圧的な態度をとられる
・無理難題ばかりを要求してくる
・理不尽な内容を押し付けてくる

これらは企業を相手にするB to Bの場合でも、消費者と向き合うB to C企業でも同じく起こり得ます。

実際に、直接業務の内容に関係してくるので、仕方のない部分もありますが、怖くてつらくて逃げ出したくなる気持ちはよく分かります。

 

特にクライアントの場合、仕事を依頼している立場を利用して、ある程度自分に都合のいいようにあなたを使おうとする状況も、よくあることかもしれません。

 

個人で仕事をしている場合なら、自分の判断で断ることもできるでしょう。しかし会社で仕事をしている場合はそれができないことも多いため、以下のような対応をされることは、人によっては日常茶飯事なのかもしれません。

・無理のある納期を指定してくる
・あり得ない値引きを要求してくる
・平日以外や深夜などにも連絡してくる

このように“現代の奴隷”のように扱われては、体力も精神も持ちませんし、仕事に誇りを持つことなど考えられません。

(4)給料が低い・待遇があまりにも悪い

お金の問題は、理不尽な立場だと感じるもっとも大きな要因です。

成果を出しているあなたより、明らかにダラダラと時間をつぶしているだけの上司や同僚の方が給料が高くて高待遇。これではやる気もなくなってしまいます。

 

このほかにも、同じ仕事内容にも関わらず、正社員と契約社員・派遣社員という違いだけで給料が全然違うなんてこともよくあります。

(5)労働時間が長すぎる・当たり前のように残業をしている人が偉い

“朝早くて帰りは遅い”は当たり前。残業も毎日のようにあるとなると、とても体が持ちません。しかも休日出勤前提で仕事量を振られたら、これはもう日常生活の危機です。

 

一人だけの問題なら何らかの手立てがあるとしても、これが会社全体に及んでいるとなかなか相談しづらいものです。

このような環境のもとでは、例えばあなたが仕事を効率化することで早く帰れるようになったとしても

 

「あいつはヒマそうだ」→「なら、もっと仕事を割り当てよう」

 

という悪循環になってしまうこともあるでしょう。

(6)めちゃくちゃな社風

めちゃくちゃ、といっても一つの会社にしか勤めたことがないと、その雰囲気を当たり前と感じて、どこがおかしいのかよく分からないこともあります。

もちろん一般論としては、古い習慣や過去の決まり事を引きずっている社風は忌み嫌われる場合があります。

こんな環境に思い当たるところはありませんか?

・社長や上司の言うことは絶対
・当然のように社長やその親族が公私混同をする
・若手への人権意識が低い(宴席での一発芸強要、無神経なパワハラ、セクハラ)
・飲み会や付き合いへの参加の強要

時代が変わることで古い体質は改善されていくのでしょうが、すでにそこで働いている人にとっては「変わっていくかもしれないことを悠長に待っていられない」となるのが当然です。

(7)そもそも環境面がヒドすぎる・選べない

働く環境の面で、勤務地を選べない人は多いでしょう。

そんな中でも、ある程度腰を据えて働くことが出来るならマシなほうでしょう。一番ひどいケースは、子供が生まれたばかりの社員に対し、遠隔地への異動を命じた事例です。

 

一番子供のそばにいてあげたい時期に、あえて引き離すかのようなひどい処遇。こうしたことが平然と行われている企業がいまだに多く存在しています。

(8)社長や経営陣との関係

「社長や上司と意見が食い違って、スムーズに仕事が回らない」
「会社の社風がどうしても自分に合わない」

こういった状況も珍しくありません。

ではこんな時、一体どうすればいいのでしょうか?

上記に当てはまったときの対策とアクション

1.勇気を持ってもって行動してみる

何もしないのであれば、何も変わりません。それが現実です。
自分に関わる問題ですから、環境改善のために積極的に動きましょう。

 

上司のパワハラやセクハラについては、それなりの場所に報告しましょう。大企業なら専門セクションがあるはずです。

また中小や零細企業でも、上司の上にあたる人に話をしてみましょう。こうした行動が物事を良い方向に変えていくための第一歩です。

 

それでも改善しないのであれば、そんな職場にいつまでもいないほうがいいです。

改善出来ないということは、企業の組織そのものに問題があります。労務管理がおかしかったり、どの部署からも自由に意見が言えない風通しの悪い組織は、他にもたくさんのトラブルや課題を抱えているものです。

 

社長や経営陣との関係が良くない場合も同じことがいえます。そんな会社は辞めたほうがあなたのためです。

 

一般的に考えて、社長や上司たちとの力関係は変化しないものです。あなたが社長や経営陣より人間関係や力関係で優位に立つなんて、無理ですよね?

 

一方、お客様やクライアントとの問題の場合は、配置転換や異動を願い出てはいかがでしょうか。

 

会社によって、無理な場合もありますが、そんな中でも現状のお客様やクライアントと直接関わらないように配置してもらうなど、手立てはあるはずです。そうした方法にも無理があるなら、転職してしまって構わないでしょう。

 

自分の今と将来のために、自らアクションを起こしましょう。

2.原因がよくわからない場合は

仕事や会社が怖くてつらいのに、具体的な原因や理由がよくわからない状況について考えてみましょう。実はこういう人、結構多いんです。

 

理由がよく分からない場合の対処法を、ここで紹介します。

(1)本当は自分はどうしたいのか?を考えてみる

これはとても重要なことですので、まず原点に返って以下のことを自問してみましょう。

「自分は一体どんな生活が送りたいのか?」
「どのくらい稼げればOKなのか?」
「どんな働き方ができれば満足なのか?」
「仕事をしていく上で、どんな人間関係を作っていきたいのか?」

(2)睡眠を見直す

毎日の睡眠はとても大切です。睡眠時間が短い人、睡眠が浅いと思われる人は、すぐに見直してみるべきです。睡眠の質を上げるには、時間だけでなく、サイクルやリズムにも注意しましょう。

・毎日7~8時間の睡眠を心がける
・起床時間と就寝時間を固定する
・朝7:00に起きるなら、23:00から0:00までには就寝する

まずはこの項目を2週間ほど続けてみるのが良いそうです。この時、気をつけるのは、休日の睡眠の取り方。翌日が仕事日の休日こそ、しっかりとリズムを守るようにしましょう。

 

ちなみに仕事で夜勤がある人は、帰る時にサングラスをするとリズムを整えるのに有効だそうです。

帰宅時に周囲が明るいと体が朝モードになってしまうので、帰って眠ることができるように体が起きるのを抑えてくれる効果があるといいます。ぜひ試してみて下さい。

(3)食事を見直す

睡眠と同じく、毎日の食事も大切。バランスの取れたものを、1日3食しっかり取ることがポイントです。

そして食べる順番も意識しましょう。最初に野菜を食べ、肉などはその後で。「ベジ・ファースト」という言葉をよく聞きます。野菜を先に食べることは生活習慣病の予防にも有効とされており、せっかくの食事をさらに健康的なものにしてくれます。

 

なお、痩せても太っても3ヶ月間で体重が10%変化すると要注意!もしそれくらい増えたり減ったりしていたら、迷わず病院へ相談に行きましょう。

(4)親しい人との時間をつくる

実家で暮らしていたり、結婚をしている人は、家族との時間を大切にしましょう。家族と一緒にいても、それぞれが自分の部屋にこもって、話をあまりしないということもあるかもしれません。

 

しかし、毎日生活を共にする家族との時間は大切です。仕事で悩んでいる人は、どうしても自分だけで抱えてしまいがち。

ふさぎこんでしまわないために、何か相談出来ることがあれば、話してみることをおすすめします。

 

たとえ相談出来ないとしても、みんなで楽しく食事をしたり、子供と遊ぶことで、一人で悩む時間を減らすことが出来ます。もしかしたら、そうした過ごし方から、悩みの打開策のヒントが見つかるかもしれませんよ。

 

一人暮らしの場合でも、友人と外食するなど積極的に外へ出かけましょう。人や社会と接触することで、思わぬ気分のリフレッシュがはかれるものです。

本当にそこでの仕事がしたいのか?

仕事における悩みやつらさの要因は、以下の3つがほとんどです。

・職場で人間関係のトラブルがある
・現在の状況が自分の実現したいライフスタイルではない
・今の仕事が自分の適性と合っていない

この場合、「今の職場にとどまりたい理由は何なのか」を考えてみましょう。

・お金(給料)のため?
・職場仲間との関係の良し悪し?
・仕事そのものの内容?

今の職場で成し遂げたいことがあるなら別です。そうでなければ、つらさや不満がある場合は、転職してみることを検討してみましょう。

(1)仕事(会社)がつらい、逃げたいと思うことは甘えなのか?

・仕事が過酷だ
・職場の人間関係が自分に合わない
・今すぐ仕事を辞めて、このつらい環境から逃げたい
・何でもいいから楽になりたい

こうした思いを抱き、精神を消耗させながら毎日職場に通っている人は、若い世代に限らず世の中にはたくさんいます。年配になれば、キャリアを重ねたからこそのつらさがきっとあります。

 

結論をいえば、今の仕事が嫌なら、辞めて逃げ出してもいいのです。
なぜかといえば―。それは、あなたの人生が一番大事だからです。

 

仕事は、たいてい1日に8時間するものです。生涯の多くの時間を費やす仕事がつらいなら、何のための人生なのかわかりません。仕事がつらすぎて鬱になってしまったら元も子もないのです。

 

今の職場や仕事が嫌だからと言って辞めて逃げると、ゆくゆく安定した職に就けないのではないか、生活していけないのではないかと不安になることもあるでしょう。しかし、決してそんなことはありません。

 

厳密に言うと、将来に響くのは「逃げる」ことではなく、「逃げ方」です。どんな逃げ方をするか、どこに逃げるか―。これさえ間違えなければ、今の会社を辞めても問題ないと断言します。

 

そうです。重要なのは
“仕事から逃げてもいい。大事なのはその「逃げ方」”
なんです。

(2)逃げ転職は悪いことじゃない

今の職場から離れること。その代表的な方法が「転職」です。

転職というと、“現状からの逃げ”とイコールに考える人がいます。日本では、一つの会社で一生懸命に長く働くことが美徳とされたきましたから。特に年配の世代の人に多い考え方です。

 

しかし、転職が悪いことだとは言えないでしょう。自分の可能性や能力を発揮するために、より高みを目指す前向きな巣立ちもありますが、転職をする理由は仕事内容だけではないのです。

 

まして仕事内容もつらく、さらに職場環境や仲間、自分の待遇など、心身をさいなむさまざまな要因が今の職場にあるのなら、何をおいても、逃げることが大事な自分を守る術なのです。

 

そして、ほとんどの転職・退職理由は、こうした「逃げ」が原因です。

給料の安さから逃げたい
休みの少なさから逃げたい
大変な職場の人間関係から逃げたい
残業ばかりの日々から逃げたい
毎日の通勤地獄から逃げたい

逃げることは悪いことでしょうか?いいえ、きっと、逃げには「良い逃げ」と「悪い逃げ」があるのです。逃げること一つでも、自分の意思で納得して進むなら、決して後ろ向きな行為ではありません。

 

今があまりにひどい状況なことが明白で、良い環境がほかにあるのなら、そちらへ向かうことは、いわば「良い逃げ」です。

純粋により良い条件を目指すことは、逃げではなく、むしろ発展的な前進です。自らそうした方向を模索し、自分の思いで行動するなら、たとえ少し給料が下がっても、心身ともに暮らしの環境は改善されるといえるでしょう。

 

誤解を恐れずに言うなら、逃げられるうちは逃げることが大事なのです。

(3)仕事(会社)を今すぐ逃げ出したい場合はどうすればいいか?

実際に、「できるなら、今すぐにでも逃げ出したい」と思っている人もいるかもしれません。

 

でもここでちょっと考えてほしいことがあります。それは―

辞める前にしておいたほうがいいことがあるのではないか
転職する前にできることがあるのではないか

ということです。

 

そのために、「自分で生きていく力を身につけること」に取り組んでみませんか。
それには、まずは“3ヶ月間集中して頑張ってみる”のです。

 

その3ヶ月は、良い未来を作るための準備の時間と考えて下さい。

例えば、

「自分の理想のライフスタイルはどういうものなのか」

「その理想に近づくために何をするべきなのか」

 

をイメージしてみて下さい。そのための行動を起こしていくのです。

 

つらいとしても、今の会社からは給料をもらっていますよね。それ自体はとてもありがたいことなので、働いている今の状況のまま、ほかの収入源を作る活動をしてみるのも、一つの手段といえます。

 

新たな動きからは、新たな関係が生まれます。そこから、自分でも思ってもみなかった可能性が広がっていくこともあるかもしれないのです。

 

ただ単に、今の現実から逃げるようにあわてて会社を辞めてしまっても、自分の思い描く素晴らしい未来はすぐにはやってきません。今に会社にいるからこそ出来る、あしたへの準備がきっとあります。

 

その準備は、確かに大変かもしれない一つの努力です。しかしそれは、今の会社で我慢するということではありません。何もしなければ、ただの3ヶ月。でも自分のためにアクションを起こす3ヶ月なら、まるで過ごし方の違う時間となるはず。

 

きっと良くなる未来への足掛かりと考えるなら、絶対頑張れるし、楽しく過ごすことも出来る日々となることでしょう。

 

 

 

複数収入源のことやパラレルワーク、シークレットなセミナーなどの案内を送ってます^^
質問もLINE@から受け付けてます!

友だち追加
(ID:dxe7703v)

 

instagram(フォローしてね^^)

おすすめ情報

不労所得構築の情報まとめ>>

お金を稼ぐ方法まとめ>>

お役立ちコラム
マルチオーナーズをフォローする

私の年収1億円メンターから伝授された5つの秘密をシェアしています^^

海外をファーストクラスで飛び回っている、私のメンターでもある経済自由人から14日間一緒にアジア諸国を旅をしたときに伝授してもらった、<富を引き寄せ続けるための5つの秘密>をぜひ多くの人に知ってほしくて、7日間にギュッと凝縮して無料講座としてお届けしています!
 
これを伝授してもらった後、22歳で会社を辞めてしまった内向型性格の超凡人の私でも≪スキル・お金・人脈ゼロ≫から無理せず年商3億円にできたので、そのプロセスも公開してます^^
 
この講座に沿ってある程度しっかり学んで実践していただくと、ちゃんと効果が出る内容になっています。ホントです。
楽に一瞬で稼ごうとか、そういう話ではなく本質的に稼ぎ続けたい人にオススメです^^/ 
いつでも配信解除できますので、ぜひ興味がある方は最後までお付き合いいただければと思います^^
 
そして、無料通信講座に登録した方限定で、以下の4つのレポートを無料で差し上げています

特典①
プチ起業(週末起業)アイデア大全

特典②
ゼロから「富」をつくるノウハウ5つ

特典③
成功している富豪がやっている最短で資産を作る考え方

特典④
年収300万円のサラリーマンが 35歳までに月40万円の不労所得を得た方法

※名前の登録は不要で、メールアドレスだけ入力して 「登録」のボタンをクリックしてもらえばOKです。


ファーストクラス経済自由人になる5つの秘密<7日間集中講座>
メールアドレス  *
JIBUN PROJECT[ジブンプロジェクト]

コメント