1つの収入源に頼らない生き方、しませんか?

サラリーマンや主婦でも「無理せず」「自然体で」複数の収入源を作る無料講座を公開中です。

無料プレゼントも一緒に受け取る

脱サラしたら何する?後悔しないために準備すべきことまとめ

お役立ちコラム

脱サラとは、サラリーマンを辞めて起業や独立を目指すことを指します。

しかし、具体的な方法はよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

サラリーマンであることにストレスを感じ、出世もあきらめたというような人にとって、職場の人間関係のストレスや理由もなく日々行っている仕事が重く感じる人もいるでしょう。

 

そんな場合、会社を辞めて、自分の好きなことや社会的に価値のある仕事をしたいと思うことはある意味で自然なことです。

 

しかし、脱サラすると考えたときに気になるのは、収入面や失敗したときのリスクでしょう。収入的に厳しくなってしまえば、サラリーマン時代よりもはるかにストレスが多く自由の利かない生活になってしまいます。

 

そうしたリスクをコントロールして、自分に合った生活を進めていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、そうした脱サラするときに気を付けたい点や意識したい点を、成功例や失敗例を挙げながらまとめてみます。

脱サラが気になったらぜひ参考にしてみてください。

仮に脱サラしようと思ったら何をする?

そもそも今までサラリーマンをしていたわけですから、安定性というものをある程度重んじてきたと思います。

そういう人にとって、「脱サラで成功する」と同じぐらい「脱サラで失敗しない」という考えも持っているのではないでしょうか。

 

これは悪いことではありません。そもそも起業や開業をしてみても、5年以内に事業を畳んでしまうことは一般的です。
その理由の多くは資金ショートによるものですが、資金がなくなってしまったら自分で事業を進めていくことは非常に難しくなります。


データ元:中小企業庁

成功したいと思う以上に、継続することを主眼に置くことも重要なのです。

そこで、まずはサラリーマン的な金銭感覚から事業を進めていく人の金銭感覚への移行をスムーズに行うためのポイントを3つご紹介しましょう。

(1)生活資金の洗い出し

サラリーマンをやっていると毎日時間通りの生活が出来ているのであれば、自動的にお金が入ってくる関係で、自分が使っているお金の量に無頓着な人が多くいます。このままでは事業継続は覚束ないでしょう。

まずは、自分が1年間に使っているお金を把握してみてください。

 

家賃や食費、光熱費、通信費、保険料などなどです。税金にも興味を持ってみることをお勧めします。生活資金の洗い出しは、今の生活レベルを維持するためにはどの程度お金が必要なのかを明確に理解するために必要です。

 

この時年間といった言い方ではなく、月平均額で把握することをお勧めします。
住んでいる地域によって、家賃や交通費が変わってくるかとは思いますがだいたい20万円~40万円程度に収まるのではないでしょうか。

 

仮に月額30万円が必要な場合は、脱サラ後の事業で売上から仕入れなどの必要経費を引いた金額が30万円以上なければ、早かれ遅かれ資金がショートするということになります。

 

つまり生活資金を洗い出すことで、最小の事業規模を設定できるのです。生活資金の洗い出しは、自分の金銭感覚を見つめなおすとともに、自分が行いたい事業の最小単位に影響する重要なポイントといえるでしょう。

原価率と事業固定費から必要な売り上げを考える

いきなり難しい言葉が出てきたと感じる人も多いかもしれませんが、事業を行うのであれば、避けては通れない言葉です。ぜひ慣れていきましょう。

 

事業を行う・起業するという場合に、起業したということで満足してしまうこともあります。

これでは、脱サラの意味がありません。いかに継続していくかが重要です。

 

起業後、事業を継続していくためには、売り上げを毎月あげていく必要があります。この継続のためにいくら必要なのかというのが、「原価率と事業固定費から必要な売り上げを考える」ということです。

 

起業の際に、創業融資を受けた場合は、その返済も事業継続のためのお金として考えていく必要があります。また、消費税についても考える必要があり、ぜひ税抜き価格での議論を続けてみてください。まずは数字をシンプルにしていきましょう。

 

いくらで売り、1ヶ月どのくらい売れたら自分が生きていける数字になるのか、といったぐらいのレベル感で自問自答することが重要です。シンプルな数字で議論できない事業は、早かれ遅かれ失敗します。

将来闇雲に頑張り、疲弊しないために

事業を継続するために自分がどのくらいリソースを割けるかということです。どんなビジネスでもそうですが、一生懸命頑張る・努力するといった精神論だけでは、結果が出ないことがあります。

 

1年ぐらいは頑張れるかもしれませんが、3年5年と頑張りを継続できる人は多くありません。また、努力が報われてある程度軌道に乗ったとしても、そのままの成長性を維持できるかといわれたら、それもわからないのです。

ぜひ、事業に失敗しない考え方を身に着けておいてください。そのためには、自分が行っているビジネスがどういった種類のものなのかを理解しておく必要があります。

 

ビジネスは様々な形態があり、複雑なものとなってはいますが、大きく2つに大別することができます。

〇ストック型ビジネス
弁護士や公認会計士などの顧問契約、賃貸業、リース事業、通信や配信サービスなど
〇フロー型ビジネス
飲食業、アパレル業、開発関連業、自動車販売業など

自分が行おうとしているビジネスが、ストック型なのかフロー型なのかを考えてみることをお勧めします。

 

ストック型とフロー型では、気を付けなければならない点が少しずつ異なるためです。こうしてみると、フロー型よりもストック型のほうが、安定感があるというのは見えてくるでしょうか。

 

ストック型は、基本的に自分が持っているものを相手に提供し続けていくビジネスです。

 

そのため、自分が持っているものに魅力があれば、継続性を維持できるといえます。一方で、フロー型に必要なのは運転資金や事業を進めていくかじ取りです。

このかじ取りが上手くいけば、当然、元手がほとんど必要なく大きなビジネスとなりえるでしょう。

 

どんなビジネスでも成功者と失敗者が現れます。最終的にはストック型でもフロー型でも、その特徴をしっかりつかんで事業を継続していけば、成功者となれるのです。

20代?30代?40代?脱サラに年齢は関係あるのか?

秘訣1 何を成し遂げたいかを明確にする

何か目的を持たずに事業を起こすことは非常に危険です。何か成し遂げたいという軸がなければ、何をしていいかわからなくなってしまい、成功は覚束ないでしょう。

単にお金や異性といった目的では、継続性に不安が出てくることがあります。

自分に出来る仕事があれば、それをしっかりやればそこそこ稼げる時代です。そのため、自分が何のために独立して、何のために起業するのかが非常に重要となるのです。

 

理由なく動ける人は非常に少ないものということは頭に入れておいてください。この軸がしっかりしていればしているほど、起業のモチベーションが持続され継続力が高まっていきます。

 

なぜ自分が起業したいのか、自分が起業するとどうなるのかを明確にしていきましょう。自分との対話の中で、自分の人生の多くの時間を費やしても良いと思える何かを見つけてみてください。

秘訣2 考えるよりも行動

独立起業において、考えることは重要です。
しかし、行動を起こすことはもっと重要です。とりあえず、まず1000円稼いでみる、動いてから考えるぐらいの感性や行動力が起業を後押しする第一歩といえるでしょう。成功している人ほど、行動が早いといわれています。

 

何かいいアイディアを見つけたら、とりあえず試してみてください。そして検証してみましょう。トライ&エラーの先に成功があります。

 

例えば、カフェをひらきたいと考えたときに、すぐにコーヒーの焙煎を始める、紅茶の茶葉の種類を調べてみるといったことがこれに当たるでしょう。紅茶の茶葉を調べてみたらあまりにも数が多くて絶望するといったこともあるかもしれませんが、行動しないよりもはるかにましです。

 

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。」

というのはトーマス・エジソンの名言として知られていますが、ここでは「あなたは紅茶の専門店を開くことは出来なかったということがわかった」という発見があったということになります。

 

大きな成功者は軌道修正が非常に得意です。

この場合は、自分の発見と共に軌道修正すれば全く問題ありません。起業において重要なのは、フットワークです。それは軌道修正という点でも、行動力と言い換えることが出来るでしょう。

秘訣3 スモール&シンプル

どんなビジネスにも大きい小さいがあり、大きければ成功も失敗も大きくなります。

そのため、まずは小さく始めてみましょう。家族がある、今の生活を維持する必要があるといった形で、捨てられないものがある人ほど、大きな失敗は出来ないものです。30代の起業であればなおさらです。

 

まずは小さく少しずつ始めていきましょう。また、小さく始めてみるという経験は、その後の成功に非常に大きな影響を与えます。仮に、一度失敗しても、次の挑戦もしやすくなるのではないでしょうか。

秘訣4 起業家の環境を作ろう

今までサラリーマンだった人にとって、起業が難しい最大の理由は、実は環境です。

環境は考え方や行動力、そして企業に重要な決断力に大きな影響を与えます。サラリーマンしか今までしたことのない友達などに「起業したい」といった話をしたところで、まともに取り合ってくれる人はいません。

 

だいたいが、心配してくるのか、あるいは馬鹿にされるかといった形でネガティブな反応が来るのが一般的でしょう。これは仕方ありません。

 

何せ、ほとんどの人は自分でビジネスを起こした経験がないのですから。

ということは、起業したいのであれば、自分でビジネスを起こした経験のある人と交流すべきということになります。

 

こうした人たちの前で「起業したい」といったことを話してみると、「おめでとう」と祝福されたり「何するの??」と興味を持ってくれたりします。非常にポジティブな反応が返ってくるでしょう。

 

あまりに今までとは違うために面食らうこともあるかもしれません。こうした人たちを集めたコミュニティなどはFacebookやTwitterといったSNSで探せばすぐに見つかりますので、ぜひ探してみてください。

秘訣5 知識やスキルは買ったほうが良い時もある

ビジネスに絶対はありません。これはどんな人に聞いても同じことです。
仮にインターネットをうまく利用して、起業したとしましょう。

特にブログのアフィリエイトなどであれば、年間数千円のサーバー管理費とドメイン費用だけで準備は整ってしまいます。しかし、やれば確実に売り上げが上がるものではありません。

 

アフィリエイトをマネタイズする手法はある程度スキルとなっていますが、それでも、そのスキルを身に着けていない人がいきなり人が生きていくだけの売り上げを上げられるかといえば、それは難しいでしょう。

 

こうした知識は、今では、お金を払うことで手に入ることがあります。アフィリエイトブログであれば、オンラインサロンやコンサルティングといった方法があります。また、Facebookなどでコミュニティを探すことも出来るでしょう。

 

どの方法で自分を磨くことで、最も早くお金になるのか、生きていくだけの売り上げを上げていくのか、大きくマネタイズできるのか、ぜひ考えてみてください。

こうしたスキルや知識は、先行投資ともいえ、成功者は前向きにとらえています。ビジネスには効率性も必要なのです。

秘訣6 家族や恋人の理解はできる限り得よう

家族や恋人の理解は、場合によっては起業の際の大きな武器になります。
会社を作るといった場合には、最初のうちは売り上げも上がらないのに帰りが遅くなる、休日も作業しなければならないといったことはよくあることです。

この最もつらい時期に家族の支えや理解は継続力も含めてかけがえのないものとなるのは間違いありません。

 

そのため、できる限り、家族や恋人の理解を得たいところではあります。ここで気を付けてほしいのは、家族や恋人が自分の夢やビジネスの生涯となりえるということです。

サラリーマンを辞めて起業するということは、安定からは遠くなるといえます。この安定を強く求める家族や恋人であれば、理解は難しくなるでしょう。

 

もちろん、この安定は、心配や愛情があってこそともいえるのですが、場合によっては最大の障壁となるのです。特に30代では、相手の人生も少し背負わなければならないこともあると思います。

 

自分なりのプランや小さく始めたときの実績などをうまく使って、出来るだけ真摯に話し合ってみてください。行動していることを理解してくれれば、納得してくれることも多いです。

 

ただし、一方的に理解を拒むような場合はしっかりとした準備を前提に始めてしまうということもあるでしょう。

 

そもそも自分の人生ですので、その人生をどのように利用するかはその人次第です。ただし、最初の一番きつい時に理解が得られないということでもありますので、覚悟や信念が必要になることは間違いありません。

秘訣7 継続

ビジネスにおいて最も重要なのは継続です。少しうまくいかないぐらいで諦めていたら、成功は覚束ないでしょう。

 

ビジネスに確実は無いため、場合によっては、100時間200時間と自分の時間を使っても、売り上げが0ということも十分にあり得ます。それでも続けられる人が、最後に成功するのです。

 

もし、人生が無限にあればいくらでも失敗できるでしょう。そしていつかは成功させればいいのです。しかし、人生は無限ではありません。

 

行動できる時間には限りがあるからこそ、未来に繋がる行動を続けていけるかが、成功の鍵なのです。

脱サラの成功率と成功例

脱サラの成功率は1割にも満たない確率です。また、会社を始めて5年後まで生き残っている確率は5%程度であるというデータもあります。

しかし、この起業においてはリスクを考えずに起業した人や準備なしに起業した人も含まれます。

 

準備や知識をしっかりと得ておくことで成功率は確実に上がるのです。脱サラといえば、会社を辞めてから起業するタイプと副業として何かビジネスを始めて、その後起業するタイプの2種類があります。

 

会社を辞めてから起業するタイプは退路を断つことによる行動力と強制力で、一気に成功に導こうという考え方です。

反面、生活は不安定になりがちなので、リスクも大きくなります。ハイリスク・ハイリターンともいえるでしょう。

メリット
覚悟が決まる
脱サラ後の時間をすべて使える
成功までのスピードが速い
デメリット
準備不足だと不安定になる
意志が弱いと時間が生かせない
家族や恋人に心労をかける

副業として何かビジネスを始めてその後起業するタイプは、堅実な脱サラ方法といえるかもしれません。

 

ネットビジネスなどを考えてみると副業がどんどんやりやすくなっているのです。ミドルリスク・ミドルリターンともいえます。

メリット
生活できる収入はサラリーマンの給料で確保できる
基盤を作ることができる
家族への負担が少ない
デメリット
時間が確保しにくい
成功までの速度が落ちる
意志が弱いとどっちつかずになる

脱サラの失敗例

30代で脱サラして実際に公開していることを4つ挙げてみます。

・お金や社会的信用
・ビジネスの準備が不十分だった
・人間関係
・家族関係

お金や社会的信用で最もつらいのがカードの審査が落ちることでしょう。

サラリーマンを辞めてからすぐでは、クレジットカードが作れないことが多いです。比較的通りやすいといわれている楽天カードでも難しいかもしれません。

 

ぜひ会社員時代に作っておきましょう。特に、事業用と個人用に分けて使えるようにしておくと便利です。1枚にまとめてしまうと、帳簿を付ける時に苦労することがあり、本当に売り上げが上がっているのかどうかを見極めるのに苦労します。

 

ビジネスに対しての準備が不十分だと、売り上げが上がらない期間が長かったり、将来の見通しが暗くなったりすることがよくあります。サラリーマンの時よりもはるかに長い時間ビジネスをしていても、結果が出ないこともあるでしょう。

 

退職前に作った事業計画書通りにいくことのほうが少ないと思います。サラリーマンに戻ったほうが良いかもと悩むことも多いのではないでしょうか。

 

脱サラ後、家族に苦労をかけることは多くなり、気軽に旅行に行くことは難しくなるでしょう。外食も気軽に出来なくなるかもしれません。

事業がうまく軌道に乗るまではこういう生活になることは当たり前といえます。

家族からバイトを紹介されることもあるでしょう。そうした家族の配慮が一番つらいかもしれません。こうしたプレッシャーや心苦しさが、起業をする上で、最大の障害となりえます。

 

脱サラして儲かる仕事は何?脱サラしてやるおすすめの職業【厳選】

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログなどで商品紹介をすることで収入を得るビジネスです。いうならば、個人でインターネット広告業を営むものと考えましょう。

アフィリエイトを始めるには、ASPというサイトを活用します。

 

ASPは、商品を紹介してほしい企業とアフィリエイターを結びつけるサイトです。ASPに登録して、紹介したい商品を選び、自分のブログやSNSで紹介していくという仕組みです。


引用元:バリューコマース

自分が紹介したリンクやURLをたどり、誰かがその商品を買ってくれた時に、報酬が入ります。2chまとめサイトや日記ブログなどで、その記事に関連する商品のリンクが張ってあることがあると思いますが、あれが一番わかりやすいアフィリエイトかもしれません。

アフィリエイトのメリット
・場所を問わない
・在宅ワーク
・リスクゼロからスタート

アフィリエイトは、パソコンさえあれば、いつでもどこでも行うことができます。住んでいる場所も関係ありません。また、自分で会社を起こす必要もありません。

 

完全に個人で独立して仕事を進めていくことができます。どのため、人と話すこともなく、コミュニケーション力といった問題もほとんどないでしょう。

 

今までのサラリーマン時代にあった、人間関係というストレスからは、確実に解放されます。

 

また、アフィリエイトを始めるためにはお金がかかりません。ASPの登録もブログの開設も、SNSのアカウント作成もすべて無料で出来ます。その上で、自分が紹介した商品が売れたときにのみ、報酬が入ってくるという仕組みです。

アフィリエイトのデメリット
・世間のイメージが悪い
・挫折しやすい
・知識やスキルが必要

アフィリエイトは基本的に良いイメージがありません。実際に、あなたが訪れたサイトが広告ばかりだった場合、どれだけ読みたいと思ってクリックしたページでもげんなりすることはあるのではないでしょうか。テレビでもそうですが、CMが多すぎる番組は倦厭去れます。

アフィリエイトも同じです。アフィリエイトはインターネット時代のビジネスとして確立されていますが、悪い印象を与えやすいことは頭に入れておいてください。

 

また、アフィリエイトは挫折しやすいという問題もあります。なぜなら。自分が行った努力についての反響がよくわからないためです。

 

例えば、非常に面白いブログを書いて、大きくアクセスを稼いだとしても、商品の購入に至らなければ、収入になりません。いつ収入になるかわからない作業のためにひたすら時間を削っていくというのは、並大抵の意志では継続できないのです。

 

そして、初心者でも誰でもできるアフィリエイトですが、成功するためには知識やスキルが必要です。現在、アフィリエイトのためのサイトは、無数にあります。その無数にあるサイトと戦っていかなければならないのです。

 

「人が集まるサイトの作り方」「検索上位に表示させる」「魅力ある紹介文」などをうまく組み合わせるだけの、知識やスキルが求められているといえるでしょう。

誰でも簡単に始められるゆえに、大きな利益を上げるのは専門性やスキルが必要となってくるのです。

アフィリエイトだけだとデメリットがあります。しかし、マルチオーナーズでは新しい形を提唱しています。

興味のある方はメルマガでお伝えしていますので、興味があれば登録してみてくださいね。

メルマガの詳細はこちら⇒

アービトラージ

アービトラージとは「安く買ったものを高く売る」という方法です。いわゆる転売もこの一種といえますが、ほどんとのビジネスはこの仕組みをうまく利用しています。

 

例えば車もそうといえます。鉄くずを釘やエンジンに換えて、車として組み立てて売るというわけです。

 

ビジネスは、ヒト・モノ・カネ・情報という要素で出来上がっていますが、そのどれかとアービトラージが組み合わさって利益が上がっていることが多いのです。もし付加価値をうまくつけることが出来れば、大成功も夢ではありません。

ネットショップ・せどり

ネットショップはインターネット上に自分の店を開業して、そこでビジネスを進めていくというものです。

 

インターネットが多くの人に一般的となった今では、膨大な量の競争相手と戦う必要が出てきます。そこで、既存媒体にネットショップを開設するという方法が一般的となってきました。

Amazonやヤフオク、メルカリなどのサイトをうまく利用すれば、まだまだ勝算はあります。すでに集客力があるので、5%~20%の手数料は特に気にせず始められるでしょう。

また、せどりというやり方も注目されるようになってきました。せどりとは、実店舗などで安く仕入れた商品をAmazonなどで販売し、利ざやを稼ぐ手法です。

この商売で生きている人を「せどらー」とも呼ばれています。いつどこであろうと、ネットで自分の欲しい商品を購入できる世の中になっています。

 

そのため、ネットショッピングの集客力を使用することで、相場を高めて売りに出すことが出来るのです。実店舗の中古屋などをうまく利用しながら、せどりを進めていくことで大きく利益を上げることも夢ではありません。

メリット
・場所を問わない
・難しい知識が必要ない
・顧客が日本に限らない
・趣味や特技を活かせる

まず、アフィリエイトと同じようにパソコンさえあればどこでもできるというのがポイントです。住んでいるところも関係ありません。

 

また、一般的にインターネット上にお店を作ろうと思えばHTMLやSEOなどの知識やサイトデザインの知識も必要となりますが、Amazonや楽天などの既存の仕組みをうまく使うのであればそうした難しいWebの知識は必要ないでしょう。

 

すでに集客力があるので最初の苦労が必要ないのです。また、インターネット上の商売となるので、eBayやアリババ、といった形で海外のサイトを利用することも出来ます。

 

外国人相手に商売を広げていくことも可能でしょう。扱い商品によっては、日本よりも海外を主戦場としたほうが、利益が上がるかもしれません。

 

手作りの商品など、自分で作った商品や、自分が好きな少しニッチでマニアックな商品などもインターネットでは十分に商品になります。そのため、自分の趣味や特技をそのまま、ビジネスに活用出来ることがあるのです。

これは、継続という意味で大きなメリットとなるでしょう。

 

Amazonや楽天などの大手サイトに出品するには、手数料が必ずかかります。サイトによって異なりますが、5~20%といったところでしょうか。

そのため、一定の利益が上げられなければ、手数料だけがとられ続けられてしまうということにもなります。そのため、しっかりと利益が上げられるだけの準備が何よりも重要となるのです。

フランチャイズ

フランチャイズとは、コンビニやファーストフードなどの大手企業の加盟店となり、視点を展開していくという仕組みです。のれん分けと言い換えてもいいかもしれません。

現在、フランチャイズの分野は非常に発達しており、塾や介護事業など、様々な事業でフランチャイズ展開している企業があります。

 

そのため、自分がやりたい事業をフランチャイズで展開できるかもしれません。フランチャイズでは、そのお店の看板や商品、ノウハウなどを加盟店である本部から得ることができます。

 

そのため、個人で起業するよりもはるかに成功率が高いというデータもあります。一方で、看板や商品の利用料として、ロイヤリティという料金が毎月かかります。この金額は加盟店によってまちまちですが、0ということはありません。

メリット
・そろった状態からのスタート
・雇う人材を選べる

フランチャイズの最大のメリットは、ブランドや広告、商品やノウハウなど、スタートで最も難しい武器がすべて手に入った状態から始められるという点です。

本来であれば、商品や広告などは経営しながら考えなければならないものですし、そもそも経営も手探りで進めていかなければなりません。

 

しかし、フランチャイズであれば、そのすべてを本部が用意してくれます。集客も、そのブランドが培った信頼があるため、個人で開業するよりもはるかに大きくなります。研修やサポートもあるので、困ったときには相談に行くことも出来ます。

 

また、働く上でのマニュアルなどもしっかりしているため、自分が気に入った人と仕事をすることも夢ではありません。家族や友人などと楽しく仕事をしていくことも出来ます。会社にがちがちに縛られるようなこともなく、家族で楽しく経営できれば、これより良いことはないでしょう。

デメリット
・制限は多い

フランチャイズで独立する場合、本部との関係性が重要になってきます。

そのため、ある程度の自由は手に入れられますが、完全な自由というのは不可能です。独自に仕入れをしたり価格を変えることは不可能ですし、そこで得た情報やノウハウを利用して他のビジネスに援用することは難しいでしょう。

 

良いアイディアが実行できない、好きなタイミングで辞められないといった制限もあります。「自分のやり方で自由に仕事をする」ことが出来ないフランチャイズは、一種の「やとわれ店長」という性格もあるのです。

 

フランチャイズで脱サラ起業、成功する秘訣とは
フランチャイズで開業・起業して成功する秘訣とは自分のやりやすいように仕事を組み立てていくことでしょう。

信頼できる従業員をいち早く育て、できる限り早く現場に出ないでも仕事が回る仕組みを作ることが出来れば、自分がやりたいことをする時間なども確保できるため、利益も大きくなるはずです。

投資家

現在、投資家というと2種類に分かれます。ひとつが、投資銀行などのトレードを生業とする「機関投資家」ともう1つが、サラリーマンやOLといった個人で投資を行う「個人投資家」です。

インターネットの発達により、個人でも簡単に取引が行えるようになってきたため、個人投資家は非常に多くなってきました。

スマホでも取引出来るため、空き時間の副業としては最適です。日本における投資では、株式投資とFXが一般的でしょう。

 

株式投資は株式会社の発行している株券を、FXは世界の通貨をそれぞれ売買して利益を上げていきます。FXは少額で24時間取引が可能なため、初心者にも人気があります。

メリット
・未経験でも経験が積める
・時間を選ばない

少ない金額から始められるので、経験がなくてもどんどん進めていけます。まずはリスクを抑える意味でも、少ない金額、損しても問題ない金額で始めていきましょう。

慣れてきたら金額を引き上げてみるといった形で、自分でコントロールできる点も大きなメリットです。また、FXの場合、時間を選ばないという点も大きいポイントです。

 

1日中、いつでも取引が出来るため、「いろいろ終わった21時~22時の間だけ」「出勤前の6時~7時」といった形で、自分に合った時間をマネジメントできます。

デメリット
・借金の可能性もあり、自己破産が難しい

自己破産が難しいという点は、非常に恐ろしいものです。失敗のことを考えては、成功は覚束ないと考える人もいますが、リスクを考えて行動を起こすことは重要です。

FXの場合、レバレッジという仕組みがありここで大きな失敗をしてしまうと、自己資金以上の損失を出してしまうことがあります。

 

それは借金となります。ロスカットという救済システムがありますがそれでも、相場が急変動している場合は、この仕組みがうまく作動せず大きな損失となってしまうことがあります。

 

こうした損失の結果、大きな借金を負ってしまった時の救済手段として、自己破産という仕組みがありますが「投資やギャンブルのための借金」は免責不許可事由に含まれるため、自己破産が利用できません。

 

借金で身動きが取れなくなってしまうという投資家は本当にたくさんいます。

結果として命を絶ってしまう人も少なくありません。月曜日に電車が止まる理由の多くは実はこれだったりするのです。

 

投資家になって脱サラする際に成功する秘訣とは
投資家として成功している人の共通点は、勉強時間を設けているということでしょう。

投資については、多くの知見や経験を先人たちが積み上げているため、この知見や経験をうまく吸収出来れば投資の成功率を大きく高めることができるのです。

逆に、こうした経験に触れていなければ、それは投資ではなく「ギャンブル」と呼べるものかもしれません。

 

また、投資は実戦経験も利益に大きな影響を与えます。単なる座学だけでは実際の価格変動についていけません。

世の中には「投資の必勝法」といった情報商材もありますが多くの場合、知識だけでなく経験も求められるのです。サラリーマンをしながら投資家を副業として利益を上げるということは、勉強時間を捻出する必要があります。

 

そして、投資の際のリスクをマネジメントしていく方法を学んでいくのです。短い時間でも構いません。毎日コツコツ勉強する時間を積み上げていきましょう。

お役立ちコラム
ownerをフォローする

在宅から自然体で複数収入源を創りませんか?

当メディアではサラリーマンや主婦でも「誰でも」できる資産構築方法を解説する無料メール通信講座を配信しています。

このメルマガでは、

無理せず自然体で、在宅から複数収入源を創り、不労所得を得る方法

と称して、豊かな資産家たちがやっている「誰でも実践可能」なマルチインカムの創り方をお送りしていきます。

無料通信講座に登録して頂いた方限定で、以下の4つのレポートを無料で差し上げます

特典①
プチ起業(週末起業)アイデア大全

特典②
ゼロから「富」をつくるノウハウ5つ

特典③
成功している富豪がやっている最短で資産を作る考え方

特典④
年収300万円のサラリーマンが35歳までに月40万円の不労所得を得た方法

を期間限定で全てプレゼントいたします。
(予告なくプレゼント特典は終了する場合がございます。ご了承下さい。)

 

そして、メルマガをやる理由は上記の情報を皆様とシェアしたいというのと共に、もう一つ目的がありまして、それは「仲間を募りたい」ということです。

「自然体に生きていくには?」というテーマで意見を交換しあえる仲間作りです!

よくわからないけど、なんか気になるって方は以下のリンクからメルマガ詳細ページを読んでくださいm(_ _)m

当メルマガについてをもっと詳しく⇒

無理せず自然体で、在宅から複数の収入源を創り不労所得を得る方法


メルマガ登録フォーム(無料)
メールアドレス  *
マルチオーナーズ

コメント